ホーム > あゆみ > 【きょうどう】カテゴリの記事一覧

あゆみ

2019年9月15日 礼拝説教要旨

2019年9月15日

天の故郷をめざして

三好 晴夫 牧師

ヘブライ人への手紙 第11章8-16節

 

 

主題聖句:この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、

 

                   ヘブライ人への手紙11章13節 

今日記念する召天された教会員の方々は皆、神によって生を受け、ある時、主の憐れみをよって信仰を抱いて生かされて、主のお召しを受け主の御許に眠っておられる方々です。

 

今日の箇所には「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました」とあります。ここに記されたアブラハムも、信仰を抱いて死んだ一人です。どんな信仰を抱いていたかというと、主から、主の示す地に行け、そうすれば、あなたも子孫も祝福されるという約束を信じて、行き先を知らずに主の命に従ったのです。生きている間には約束の土地は与えられませんでしたが、「はるかにそれを見て喜びの声をあげ」で信じて歩みました。そして定めのときに本当の故郷である永遠の地に住むという恵みが与えられることを期待して生きたのです。

 

信仰の先輩方も地上が全てではなく、その先に備えられた本当の故郷をめざして歩んだのです。それは、主イエス・キリストの成し遂げられた救いによって罪の赦しが与えられ、永遠の命の希望を与えて頂いたからです。このキリストの真実に触れて、このキリストを信じて、天の故郷をめざして歩まれたのです。キリストのおられるところの天の故郷に行きたいと願ったからです。このような先輩たちの信仰の姿を覚えて、私たちもキリストを信じて天の故郷をめざして歩みましょう。

2019年9月8日 礼拝説教要旨

2019年9月8日

信仰に踏みとどまるように

三好晴夫 牧師

使徒言行録 第14章19-28節

 

 

主題聖句:弟子たちを力づけ、「わたしたちが神の国に入るには、多くの苦しみを経なくてはならない」と言って、信仰に踏みとどまるように励ました。                   使徒言行録14章22節

キリストを信じて歩む道には、色んな苦難も経験することがあります。それゆえに信仰を持ち続けるために、み言葉からの励まし、信仰の交わりの励ましがぜひとも必要です。

 

パウロたちが力強くキリストの福音を伝えたところ、多くの信じる者が起こされましたが、同時に信じようとしない人たちから迫害を受けることもありました。遂にリストラで、遠くからやって来たユダヤ人が群衆を巻き込んでパウロに襲い掛かり石を投げつけたのです。パウロは死んでしまったと思われました。でも、パウロは突然起き上がり、町に入って行き、伝道を継続したのです。そして、再び今まで伝道してきた町々に引き返したのです。それは、信仰を持った人たちの心を励まし、信仰に踏みとどまるように励ますためでした。

 

そうしたのは、迫害を受けたのは伝道者だけではなかったからです。信じて間もないクリスチャンたちも大きな試練に遭っていたからだと思われます。彼らは信じてまだ日が浅かったので、迫害の苦しみに耐えられず、信仰を捨ててしまう危険もあったからです。だから、彼らのところに戻って行き、彼らを励まそうとしたのです。「信仰に踏みとどまる」とは、神の恵みに留まることであり、主から離れないで留まることです。私たちも主の励ましを受け、信仰に踏みとどまりたいものです。

      

 

2019年9月1日 礼拝説教要旨

2019年9月1日

すべてのものを造られた神

三好晴夫 牧師

使徒言行録 第14章8-18節

 

主題聖句:この神こそ、天と地と海と、そしてその中にあるすべてのものを造られた方です。               

 使徒言行録14章15節 

 

パウロとバルナバが小アジアのリストラという町で伝道をしている時のことです。集まって来た人々の中に、生まれつき足の不自由な人がいました。この人がパウロの語る福音をじっと聞いていました。パウロはこの人を見て、いやされるにふさわしい信仰があるのを認めたので、彼に「自分の足でまっすぐに立ちなさい」と大声で言いました。すると、その人が踊り上がって歩き出したのです。

 

この様子を見たリストラの人々は大変驚き、リカオニアの方言で「神々が人間の姿をもって、わたしたちのところにお降りになった」と叫んだのです。そして人々はバルナバとパウロを、ギリシャ神話のゼウスとヘルメスと呼んで二人に雄牛のいけにえを献げようとしました。こを聞いた二人はこれを放置しておいては間違った教えを伝えたことになると恐れ、人々の誤解を解くために自分の服を引き裂いて彼らの中に飛び込んで言いました。「なぜこんなことをするのですか。わたしたちも皆さんと同じ人間にすぎません。あなたがたが、生ける神に立ち帰るように、わたしたちは伝道しているのです。神は、天と地と海とその中のすべてのものを造られたお方です。この神はあなたがたに豊かに恵みを与えて下さっています。」と伝えました。このようにして、パウロは天地万物を創造された神こそ生ける神であり、この神がイエス・キリストを救い主として送り、私たちを救ってくださるのだと伝えたのです。

2019年8月25日 「主の豊かな導き」(今日の説教とは関係ありません)

2019年8月25日

主の豊かな導き

(今日の説教とは関係ありません)

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

 

             詩編23編1節(新改訳聖書) 

                         

詩編23編では、詩人が、主なる神を、私の羊飼いと呼び、自分を弱い一匹の羊として、神の豊かな導きを感謝し、賛美しています。つまり、人生の晩年に差し掛かった人が、これまでの人生を振り返って、主なる神こそが自分の歩みを豊かに導いてくださったと気づき、その思いを歌にしているのです。

 

詩人は、神様が自分の羊飼いと言いますが、羊飼いの仕事は、羊の群れを朝から晩まで丁寧に世話をしなければならない結構大変な仕事です。そのように、神は、私たち人間の生活すべての面倒を見て、一人前に育っていくように導かれるのだというのです。でも、私たちは、自分を育ててくれた親が、自分に対してどんなに大変な思いをして育ててくれたとしても、そのことの大変さをあまり知っていません。

 

この詩人は、主が私の羊飼い、私は乏しいことがありませんとどうして思えるのでしょうか。それは、自分がいかに弱くて愚かな一匹の羊であるという自覚があるからではないでしょうか。自分は弱くて愚かであったのに、神はこんな私の羊飼いとして私を守り生かして助けてくださったという思いがあるからです。事実、羊は弱く、臆病で目先しか見えず迷いやすい存在です。私たち人間に似ています。そんな私たちを主なる神が、キリストを通して私たちを導いてくださるので安心なのです。

2019年8月18日 礼拝説教要旨

2019年8月18日

 主を頼みとして勇敢に

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第14章1-7節

 

主題聖句:それでも、二人はそこに長くとどまり、主を頼みとして勇敢に語った。主は彼らの手を通してしるしと不思議な業を行い、その恵みの言葉を証しされたのである。   

使徒言行録 第14章3節 

皆がイエス・キリストによって救いを得て、幸せになってもらいたいのですが、同じ願いを持っている人は、そう多くないかもしれません。それは、人々がキリスト教についてあまりよく知っていないということもあるでしょう。それだけでなく、キリスト教の伝える救いの真理が、人々には受け入れがたい所があることも関係あるのかもしれません。

 

今日、表立って、キリスト教に対して迫害はありませんが、誤解や偏見を受けることがあります。そんな困難にぶつかった時、どうすべきなのでしょうか。今日の箇所で、パウロは「それでも、主を頼みとして勇敢に語った」と言うのです。

 

パウロの味わった迫害は、救い主イエスを信じるならば、罪赦され、義とされるという救いを真っ直ぐに語ったゆえに、信じようとしないユダヤ人から、攻撃を受けたことです。パウロが、人間の努力では神の戒めを守れない、自分の罪を認めて、悔い改め、イエスを信じて救われよと大胆に語ったゆえに、人々から反対を受けたのです。

 

そういう中でも、パウロとバルナバはそこに長くとどまり、主イエスを本当に頼って、大胆に語り続けたのです。そうできるように、主は彼らを助けて、神様は恵み深いということが明らかになるように、病気の人を癒やしてくださいました。主を頼って伝える者を、主は支えられる。

2019年8月11日 礼拝説教要旨

2019年8月11日

すべての人に救いを

 

三好 晴夫 牧師

 

使徒言行録 第13章44-52節

 

主題聖句:『わたしは、あなたを異邦人の光と定めた、あなたが、地の果てに

までも 救いをもたらすために。』」 

使徒言行録 第13章47節 

   

パウロとバルナバはピシディア州のアンティオキアにあるユダヤ人会堂で説教をしたところ、彼の説教を聞いたユダヤ人や神を畏れる改宗者たちが非常に感銘を受けたのです。そして次の安息日には、町中の人たちが主の言葉を聞こうと集まって来たのです。

 

しかし、ユダヤ人はこの群衆を見てひどくねたみ、口汚くののしって、パウロの話すことに反対したのでした。ユダヤ人が何をねたんだのでしょうか。パウロのたった1回の説教を聞いただけで、簡単にパウロの語る新しい教えに関心を持って集まった人たちを見てねたんだのです。しかもパウロの語るメッセージは、ユダヤ人の重んじる律法によるのではなく、ただ主イエスを信じる者は皆、罪の赦しが与えられるというものでした。その救いがユダヤ人以外の人たち、異邦人にも与えられることに不満を感じて、パウロたちが話すことに反対したのです。

 

けれども、パウロとバルナバは彼らに勇敢に話し始めました。「神の言葉は、まずあなたがたに語られるはずでした。」まずユダヤ人に、神の言葉は、主イエスを通して伝えられたのでした。しかし、あなたがたユダヤ人はそのイエスを拒んでしまいました。だから、「わたしたちは異邦人の方に行く」と宣言しました。ユダヤ人以外の人たち(異邦人)にも神の福音が伝えられていくことは、神の計画に沿ったことであると、上記の言葉によってパウロは語ります。人に救いをもたらすために。

2019年8月4日 礼拝説教要旨

2019年8月4日

 平和に暮らしなさい

三好 晴夫 牧師

ロ-マの信徒へ手紙 第12章17-21節

 

主題聖句:できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。

ローマの信徒への手紙 第12章18節   

8月は平和を覚え祈る月です。74年前の1945年7月松山に空襲があり多くの人々が犠牲になりました。8月6日の朝、広島に、続いて9日の朝、長崎に原子爆弾が落とされ、それぞれの町の10数万人の一般市民が一瞬にして犠牲になりました。15日にポツダム宣言を日本政府が受諾し、無条件降伏し、第二次世界大戦は終わりました。このような戦争の悲惨さを覚え、平和を祈る時としたいと思います。

 

今日開かれた聖書には、「すべての人と平和に暮らしなさい」とあります。戦後74年の間、日本は戦争の痛手から立ち直り、世界に巻き起こる戦争に巻き込まれないで過ごすことができたことは、幸いでした。しかし、必ずしも平和だとは言えません。殺人事件が引っ切り無しに起こっています。争い事、もめ事があります。幼子やお年寄りなど弱い立場の人たちが虐待さたりと犠牲になっています。

 

そのような争う心や人を犠牲にしていく思いは、私たち人間の心の中にあります。それは人間の罪です。その罪はますます人間を苦しめています。一方で人間は、自分の力で平和にしようと努力し続けていますが、平和な状態にすることは難しいのです。それをご存じの神様は、平和をもたらす救い主をおつかわしになり、この救い主を私たちの罪の身代わりに十字架に付けて私たちと神との隔ての壁を壊して神との和解の道を開かれ、平和を与えて下さいます。キリストによる平和を祈ろう。

2019年7月28日 礼拝説教要旨

2019年7月28日

 この方による救い

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第13章38-43節

主題聖句:だから、兄弟たち、知っていただきたい。この方による罪の赦しが告げ知らされ、                  

使徒言行録 第13章38節 

パウロは、ピシディア州のアンティオキアのユダヤ人会堂で語った説教の締めくくりとして、イエスを信じる者に与えられるすばらしい恵みを述べています。それが、「罪の赦し」と「義とされる」ことです。

 

罪の赦しとは、私たちの罪が赦されるという恵みです。罪とは、的外れという意味であり、私たち人間が、神の定められた的を外れているということです。私たち人間は神によって造られ、神を思い神を信じて生きるように創造されたものでした。しかし、その目的からそれて、自分勝手な道を進んで行きました。自分で神の敵となってしまったのです。でも、私たちは自分が神を敵としている事すら分からず、仲直りする意思すらありませんでした。そのままなら神から裁かれてもおかしくなかったのです。ところが、神は私たちをお見捨てにならず、愛するゆえに、驚くべき救いを示されたのです。神は私たちを裁くのではなく、私たちの身代わりに、主イエス・キリストに私たちの罪を背負わせて十字架にかからせて裁かれたのです。主イエス・キリストは神の御子であり、罪のない方でしたから、私たちの身代わりの犠牲となられたのです。この犠牲のゆえに、神は私たちを罰する必要がなくなりました。このお方の成し遂げられた御業のゆえに、神は私たちを赦されるのです。赦されるとは、もう神はその罪を思い出さない、もう裁かないということです。

 

キリストを通して示された赦しを信じる時、赦しが与えられます。

2019年7月21日 礼拝説教要旨

2019年7月21日

主イエスの死と復活

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第13章26-37節

 

主題聖句: つまり、神はイエスを復活させて、わたしたち子孫のためにその約束を果たしてくださったのです。

使徒言行録 第13章33節 

 

パウロとその一行が、ピシディア州のアンティオキアのユダヤ人会堂で依頼されてパウロが説教した時のことです。彼は、そこに集まっていた多くのユダヤ人を意識して、イスラエルの歴史に表わされた神の救いの御業について語り始めたのです。その中で神がダビデ王とその子孫に約束された王座と王国が、救い主イエスが来られることによって実現したと語りました。そのことを先週学びました。

 

その上で、今日の箇所では、まず救い主イエスの死について語りました。イエスは大胆に福音を語り悔い改めを呼びかけましたが、人々は神から送られた救い主とは認めなかったのです。しかも、人々は安息日ごとに読まれた預言者の言葉を聞いていたはずですが、語られたその言葉を理解せず、イエスを罪に定めることによってその言葉を実現させたのです。預言者の言葉にあった、メシアが人々の罪を背負って犠牲になるという苦難のしもべの預言の通りのことが、イエスにおいて実現したのです。彼らはイエスを十字架につけて処刑しました。しかし、神は死者の中からイエスを復活させてくださいました。復活されたイエス御自身、弟子たちの前に幾日も復活されたお姿を現されました。

 

イエスが復活されたということは、神がイエスを救い主としておられる証拠です。しかも、イエスを復活させられたことによって、神は、その救いの約束を成就してくださったのです。神の真実な救いです。

2019年7月14日 礼拝説教要旨

2019年7月14日

神の約束に従って

 

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第13章13-25節

 

主題聖句:神は約束に従って、このダビデの子孫からイスラエルに救い主イエスを送ってくださったのです。

   使徒言行録 第13章23節

  

バルナバとサウロが、キプロス島から船出して、パンフィリア州のべルゲに着き、さらに進んでピシディア州のアンテイオキアに到着しました。早速彼らがしたことが、安息日にユダヤ人の会堂に入ってその席に着くことでした。すると、会堂長から、会衆のための励ましの言葉を語るように求められたので、そこでパウロが語ったことが、神の救いの御業の歴史でした。まず語ったのが、イエス・キリストが送られて来られるまでの、神の救いの御業の歴史でした。

 

神はイスラエルの父祖アブラハムを選び出し、彼をカナンの地に導かれ、その子孫をも選ばれ、時が進んでエジプトで子孫が増え、強くされ、エジプトでの奴隷状態から、神の偉大な御力によって導き出されました。そして神は、イスラエルの民にカナンの地を相続させてくださいました。その後、人々が王を求めたので、神は王を与えられました。

 

その王ダビデに、神は、ダビデ家の王座と王国が永遠に続くことを約束なさいました。それゆえ、イスラエルの民は、その約束の実現を待ち続けました。そしてこの約束が、ダビデの子孫であるイエス・キリストによって、実現したのだと、パウロは語ったのです。

 

イスラエルの民は神を信ぜず、背くことが多くあり、その度に苦しむこともありましたが、神は慈しみと真実を持って彼らを愛され、約束通り、イエス・キリストをお送りくださって、その真実を実証されました。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る