ホーム > あゆみ > 【きょうどう】カテゴリの記事一覧

あゆみ

2017年8月13日 礼拝説教要旨

2017年8月13日

慰めの時が来る

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第3章17-21節

 

主題聖句:だから、自分の罪が消し去られるように、悔い改めて立ち帰りなさい。 

                         使徒言行録第319

 

  誕生したばかりのエルサレム教会で、使徒たちによって不思議な御業が起こりました。生まれながら足の不自由な男がイエス・キリストの名によっていやされ歩き出すということが、町の人々の大きな反響を呼んだのです。人々が非常に驚いてペトロたちのところに集まってきたので、この機会に、ペトロは、この不思議な御業がどこから来たのかを説明しました。それは、イエスの名を信じる信仰によったのだと語りました。

 

そして、そこに集まったユダヤ人たちに悔い改めを迫ったのです。神に向いていく生活をするように呼びかけたのです。彼らが悔い改めるべき理由は、彼らがイエスを捕え、十字架につけて殺してしまったのは無知のためであったからだと語りました。いくら知らなかったと言っても、罪を免れるものではありません。しかも、神は預言者によってメシアがむごい苦しみを受けることを前もって予告しておられたのです。彼らは知らなかったのですが、イエスが十字架につけられるという苦しみにおいて神の救いのご計画は実現したのです。イエスは真の救い主なのです。ですから、この方を信じて悔い改めるとき、罪を消し去っていただけるのです。

 

さらに、この悔い改めは、慰めの時の準備にもなるのです。「慰め」すなわち、安らぎ、元気づけられることが、将来、キリストが再び地上に来られるときにあるのです。このキリストにお会いできるのです。

2017年8月6日 礼拝説教要旨

2017年8月6日

主において同じ思いを抱け

三好 晴夫 牧師

フィリピの信徒への手紙 第4章2節-9節

主題聖句:わたしはエボディアに勧め、またシンティケに勧めます。主において同じ思いを抱きなさい。      

フィリピの信徒への手紙第42

 

  8月、平和を覚えて共に祈りたい。72年前(1945年)8月に第二次世界大戦が終わった。日本は無謀にも、中国やアメリカなど大国と戦い、戦闘員も一般市民も巻き込んで甚大な犠牲をもたらした。どんな理由があったとしても戦争を繰り返してはいけないと戦争体験者は語っている。でも、今も世界中のどこかで紛争や武力衝突が起こっている。

 

どうして戦争が起こるのか。その原因は、私たち人間の中にある、自分を正しいとし、相手と戦おうとする欲望である。そのような火種はいたるところにある。私たち一人一人の心の中にも潜んでいる。

 

私たちは自己主張し、何かの拍子に爆発して相手を攻撃してしまうことがある。それぞれの弱さゆえに、間違った判断で行動してしまうことがある。そのような欠け多き私たちの中で生まれる対立や衝突に対してどうしたらよいのか。

 

今日の箇所において、使徒パウロは、教会の中に起こる問題をしっかりと認めること、それにおける自分の意見や考えを主張し合って正しいかを決めるのではない。「主において同じ思いを抱く」のです。主がイエス・キリストにおいて成し遂げてくださった和解の出来事にお互いが思いを向けていくことである。このキリストの御業によって私も相手も救い出されたお互いだからだ。そこに一つとなる道を見い出すことができる。

 

2017年7月30日 礼拝説教要旨

2017年7月30日

イエスの御名を信じる

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第3章11-16節

主題聖句:あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです。

                 使徒言行録第316

 

 エルサレム神殿の「美しい門」のそばで、生まれながらに足の不自由な男が物ごいをしていました。その彼に向かって、使徒ペトロとヨハネは「わたしには金銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」と語り、彼の手を取って立ち上がらせたところ、彼は躍り上がって立ち、歩き出すという奇跡が起こりました。これを見聞きした人々が非常に驚き、ペトロたちのところに集まって来ました。そこで、その民衆に向かってペトロが、今行われた奇跡について説明を始めたのです。

 

人々は驚いていました。この二人が奇跡を行う特別な能力を持っていてその力によってこの男を歩かせたのだと思い込んでいたのです。しかしそうではないのです。ペトロは「自分の力や信心によって、この人を歩かせた」のではない、「この人を、イエスの名が強くした」のだとはっきりと語りました。イエスの名とは、イスラエルの神の僕であるイエスの名です。

 

このお方の御力がこの人を強くし、歩かせたのです。イエスの名をこの人が素直に信じて、自分をペトロの手に委ねて立ち上がったとき、イエスの御力が現わされたのです。私たちもイエスの名を信じて歩みましょう。

2017年7月23日 礼拝説教要旨

2017年7月23日

キリストの名によって歩け

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第3章1-10節

主題聖句:「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

                  使徒言行録第36

 

 主イエス・キリストの御名の力を覚えましょう。聖霊の降臨によって、主イエスがなさった不思議な御業が、使徒たちによっても行われたのです。その不思議な御業はどのようなものだったのでしょう。

 

使徒ぺトロとヨハネが、午後3時の祈りの時にエルサレム神殿に上った時に起こりました。彼ら二人が「美しい門」という神殿の門を通りかかったとき、そこに生まれながらに足の不自由な男が置かされていたのでした。その男が二人に施しを求めたとき、彼らは彼をじっと見つめ「わたしたちを見なさい」と言いました。その男は何かもらえると思って彼らをじっと見ました。その時です。ペトロは言いました。「わたしには金銀はない」。しかし「わたしの持っているものをあげます」。それは、私の大切な宝であるナザレ人イエス・キリストの名です。その名によって立ち上がり、歩きなさいとペトロは語って、彼を立ち上がらせたのです。彼はペトロの手助けで立ち上がって、神を賛美しながら神殿に入って行きました。

 

ペトロはどうしてそんなことを言ったのでしょうか。ペトロはイエスが真のキリスト救い主であると確信していたからです。このお方が、十字架の死の後、神によって復活し、神の右に座し、聖霊の姿でここにおられると信じていたからです。大切な宝であるキリストを信じていたからです。

2017年7月16日 礼拝説教要旨

2017年7月16日

皆一つになって

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章43-47節

主題聖句:信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。

  使徒言行録第24445

              

教会というと、建物、教わる場所をイメージしている場合が多いようですが、教会は、神に呼び集められた群れという意味です。信仰共同体です。最初に誕生した教会は大変魅力的で多くの人が集まっていました。その生活の様子を見ながら、私たちの教会もそのようになるためにどうしたらよいのか考えてみたいのです。

 

最初の教会の信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にしていたとあります。信者たちはイエスをまことの主、救い主と信じていました。ですから、同じ救い主を信じる仲間であると受け止めて、互いに苦しみも悲しみも受け止め合い助け合おうとしました。彼らは、強制されてそうしたのではなく、神への感謝からキリストに従う思いから、自分の物は自分だけの物としなかったのです。貧しく困った人がいたら助けるために自発的に自分の物を差し出しました。心から用立てました。毎日ひたすら心を一つにして集まって神を賛美していました。日々キリストの恵みを覚え、神を賛美したのです。そういう恵みを喜び感謝する姿に見倣いたいです。

2017年7月9日 礼拝説教要旨

2017年7月9日

悔い改めへの招き

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章37-42節

主題聖句:すると、ペトロは彼らに言った。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。」      

使徒言行録第238

              

 

五旬祭というユダヤの祭の日に、心を一つにして祈っていた主イエスの弟子たちに聖霊が降りました。聖霊に満たされた彼らは、ほかの国々の言葉で神の偉大な御業を語り出しました。その姿を見たエルサレムのユダヤ人たちは、大変驚いたり、嘲ったりしました。それで、弟子ペトロは声を張り上げて、自分たちがなぜこのように大胆に語るようになったのかを語り出したのです。

 

彼の語ったことは、この主イエスがユダヤ人に捕らえられ、十字架につけられて殺されたけれども、神は復活させられました。イエスが神からのメシアだからです。この方をあなたがたは殺したのですということでした。

 

このメッセージを聞いた人々は、心打たれ、自分たちはどうしたらよいのですかと尋ね求めたのです。彼らが自らの罪を自覚するのを見て、ペトロは悔い改めなさいと勧めました。今まで神の御子キリストを十字架につけてしまった罪を自覚し、キリストを信じるようにすることです。第二に、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさいと勧めました。洗礼は、イエス・キリストが、この私のために死んでくださり、死から復活されたという御業に結び合わせていただくことです。洗礼によって主キリストに結ばれて、罪が赦され、聖霊を受けるのです。

2017年7月2日 礼拝説教要旨

2017年7月2日

イエスは主、メシア

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章22-36節

 

主題聖句:しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです。                  

使徒言行録第224

              

主イエスが天に上られた後、弟子たち初め多くの人たちは、一か所に集まって約束の聖霊が降るのを祈り求めていたところ、五旬祭というユダヤの祭の日に、祈っていた彼らは聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉で神の偉大な御業を語り出したのです。

 

大きな物音に集まって来たエルサレムのユダヤ人が、弟子たちの大胆に語り伝える姿を見て大変驚いたり、嘲ったりしました。それで、弟子ペトロは声を張り上げて、自分たちがなぜこのように大胆に語るようになったのかその理由を語り出したのです。

 

今日の箇所では、エルサレムで起こった主イエスの十字架と復活の意味を説明し、聖霊の降臨との関係を説いています。まず主イエスが地上でなさった驚くべき奇跡、不思議をなさったことの意味を語ります。そのことによって主イエスが神から遣わされた方であることが現されたのです。次に、この主イエスがユダヤ人に捕らえられ、死刑に定められ、十字架につけられたのは、偶然の出来事ではなく、神の御定めになった計画によったのだと語ります。しかも、あなたがたがローマ総督や兵卒によってこの方を十字架につけて殺したのだと指摘します。しかし、神はイエスを死のままにされず、復活させられました。イエスが神からのメシアだからです。

 

2017年6月25日 礼拝説教要旨 藤井圭子先生

2017年6月25日

   『 道・真理・命 』   

藤井圭子 先生

ヨハネによる福音書 第14章1-7節

主題聖句:イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のみもとに行くことができない               

              ヨハネによる福音書 14章6節

私は14歳の時、一人の人の死を通して、「生と死」の問題を考えるようになり、その解決は仏教の中に見出せると思い、京都の尼僧道場を訪ねて尼僧となり、誠心誠意、勉学修行に励みました。しかし、私の求めたものは仏教の中には見出せず、大変な失意のうちに還俗し、元の小児科医に復帰し、やがて結婚しました。

 

そんな私の所にイエス様は来てくださいました。というのは、私の家のすぐ隣にキリスト教の教会堂が建てられ、その献堂式に私は招かれて出席しました。

 

それから3年後、神様は夫婦の愛情問題を通して、私自身の偽善の罪を気づかせてくださり、その悩みのどん底の時、隣の教会の献堂3周年記念の集会を開き、わたしを列ならせてくださいました。

 

私は講師の先生のお証しを聞きながら、「イエス様、私もあの先生のように、あなたを信じたい!助けてください!」と心の中で叫んでいました。イエス様はそんな私の叫びをお聞き下さり、その夜、私をご自身の尊い御救いにあずからせてくださいました。

 

若き日、尼僧となってまで探し求めていた「道、真理、命」は主イエス様ご自身でした。主の御名はほむべきかな!アーメン。

2017年6月18日 礼拝説教要旨

2017年6月18日

聖霊の預言

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章1-7節

『神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。

                      使徒言行録第2章17

 

聖霊降臨の日、聖霊に満たされた主の弟子たちが外国のことばで力強く神の御業を語ったので、それを聞いた人々の多くは、さらに聞き耳を立てました。しかし、ある人々は「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言ってあざけりました。

 

それゆえ、ペトロは弟子たちを代表して、そこにいた人々に声を張り上げて、聖霊降臨の意味について話し始めたのです。不当な中傷に対して彼は黙って聞き流さながさず、弁明をしたのです。

 

「今は朝9時ですから、酒に酔っているのではありません。」朝9時はユダヤ人にとって祈りの時でした。朝の祈りの後、朝食を取っていたので、今、酒に酔っていることはあり得なかったのです。そうではなく、このように聖霊に満たされて大胆に神の御業を語っている姿こそ、旧約の預言者ヨエルによって預言されていたことが成就したのだと説明したのです。旧約時代には、預言者だけが神の言葉を語っていたのですが、終わりの時、すべての人が聖霊を受けて神の言葉を語るようになったというのです。

2017年6月11日 礼拝説教要旨

2017年6月11日

子どもの祝福

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第10章13-16節

 

主題聖句:しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。     

マルコによる福音書第1014

              

今日は、教会の暦では、子供の日です。これは19世紀末、日曜学校運動の中から生まれて来た日で、教会に集まる子どもたち、この社会で育つ子どもたちのために祈る日です。

 

子どもは、無限の可能性を持つ大きな希望ですが、弱くて病気しやすいもろい存在です。ですから、子どもたちが元気に成長してほしいと親たちは願っています。

 

そのような願いを持つ親たちが、祝福をお願いしようと、子供を主イエスのもとに連れて来たのです。しかし、弟子たちはこの人々を叱りました。主イエスがいつもお忙しく大変なので、子どもたちのことまで手を煩わすのは大変だと思ったからです。子どもたちを低く見ていたのです。

 

しかし、主イエスはそれを見られて、ひどく憤られたのです。「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。」神が、主イエスが子どもたちを呼んでおられるのです。それは、神の国、主イエスにおいて現された神のご支配は、このような者たちのものだからなのです。神の国はこのような者、弱く、小さくて差し出されたものを無心で受け取る子どもたちのような者の国だからです。だから、子どもたちのように、無心で神の祝福を受け取る思いで主イエスからの祝福を求めていきましょう。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る