ホーム > あゆみ > 2012年3月の記事一覧

あゆみ

2012年3月4日 礼拝説教要旨

2012年3月4日

主題聖句 「あなたがたに何か別の考えがあるなら、神はそのことをも明らかにしてくださいます。」                 

フィリピ3章15

説教主題「到達したところに基づいて」

   パウロは「後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ」ただひとつのことに専心すると申しました。(第3章13節)この生き方は一面、純粋でひたむきと言えます。しかし、ちょっと落ち着いて考え直してみると、「一本調子で単純」、「勢いだけで、回りの状況全体が見えていない。」と指摘することもできます。

   しかし、ここは世間一般で言われている「前向きの生き方」を強調しているのではありません。キリスト者は自分が理想を追いかけ、グイグイ前に向かって生きることだけを求めません。神の守りと導きとを信じ、神の救いを確信します。そうしてはじめて神に喜ばれる生き方ができるのです。

   パウロはハッキリ自分の生き方を打ち出す一方で、冒頭の御言葉のように、信仰者の仲間が別の考えを持つことを許容します。同じ救いに与っているキリスト者の間でも「ずいぶん考えが違うな」と感じることがあります。おそらく大きな原因のひとつは成熟の度合いの違いでしょう。しかし、この人が成熟した大人で、あの人が成長過程にある子供だなどと誰も決めることはできません。みんな不十分で未発達です。しかし、信仰を持った立派な人なら、自分のことを今生まれたばかりの幼子のような未熟なものだと謙遜に認めるはずです。…そのことを自覚するなら一層信仰生活に励むでしょう。大人なら、そう考えるのではないですか?…とパウロは私たちに問いかけ、挑戦しているのです。

2012年3月4日日曜礼拝(動画)

2012年3月4日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る