ホーム > あゆみ > 2012年12月の記事一覧

あゆみ

2012年12月9日 日曜礼拝(音声)

2012年12月9日

2012年12月9日 日曜礼拝(動画)

2012年12月9日

2012年12月2日 礼拝説教要旨

2012年12月2日

「 弟子を招く主イエス 」

 

政所 邦明 牧師

 

マルコによる福音書 第1章16-20節

 

主題聖句:「イエスは、『わたしについて来なさい。人間を取る漁師にしよう』と言われた。」  

 マルコによる福音書 第1章17節   

 

主イエスが宣教を開始されて最初になさったことは 「ついて来なさい」と弟子に呼びかけることでした。「召集」ということを考えますときに、それは選ぶ側に主体性があります。誰を選ぶかは選ぶ側の人次第でしょう。選ぶ方は強い意志で働きかけます。“グイッ”と引っぱり出す印象を持ちます。信仰を持つとは主イエスに弟子入りをすることです。「従うか、従わないか」は本人の決心次第という面も確かにあるでしょう。しかし、神の見ておられる視点からすれば「主イエス・キリストに捕らえられた。このキリストに呼びかけられた。」という面が強いのではないでしょうか。自分の力で信仰を持ったなどと言える人は誰もいません。導かれたのです。

旧約聖書の預言者は神からの “召命体験”を持っています。預言者エレミヤに対して神は次のように言われました。「母の胎から生まれる前にわたしはあなたを聖別し、諸国民の預言者として立てた。」(エレミヤ書第1章5節)。聖書ではこれに似たことは至る所で言われています。同じ箇所でエレミヤに「あなたを母の胎内に造る前からあなたを知っていた。」と神は言われました。わたしたち信仰に入った者から言えば、「初めから終わりまで全部、実は神の御手のうちにおかれていたのだ」と言えるならどんなにすばらしいでしょうか。

“召命”とは 歩いていると突然人に後ろから呼び止められて、「ついて来なさい」と言われるのとあまり違わないように思えます。しかし、神が計画を立て、実行し、捉えてくださるのです。その選びは確かなのです。

2012年12月2日 日曜礼拝(音声)

2012年12月2日

2012年12月2日 日曜礼拝(動画)

2012年12月2日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る