ホーム > あゆみ > 2014年11月の記事一覧

あゆみ

2014年11月30日 礼拝説教要旨

2014年11月30日

復活の先ぶれ

 

政所 邦明 牧師

 

マルコによる福音書 第5章21-24a節、35-43節

 

主題聖句:「恐れることはない。ただ信じなさい。」

マルコによる福音書5章36

                                    

会堂長のヤイロは自宅に急いでいました。主イエスをお連れして、危篤の娘を癒していただくためです。

 

しかし、ヤイロを打ちのめす知らせが入ります。娘が亡くなったのです。「先生を煩わすには及ばないでしょう。」と付け加えます。死が立ちはだかります。厚くて高いが壁あって、「これから先は行かせない。さあヤイロの家にゆくことを諦め、元きた道を戻りなさい。行っても無駄なのだから…」と聞こえます。「死んでしまった以上、もはや何もできまい」という主イエスへの挑戦と言えるでしょう。自宅へ招いたヤイロを悲しませ、信仰を揺さぶるのに十分な言葉です。

 

死の知らせも主イエスの前進を阻むことはありません。「恐れることはない。ただ信じなさい」とヤイロを主は励まされます。死との対決が始まるのです。「子供が死んだのではない」と言われると人々はあざ笑います。恐れ、嘆き、あざけりを突き破るようにして、死から命へ少女を生き返らせなさいました。神の国、すなわち〝神が王として支配なさる〟と主は宣教されました。その内容が極まった形で明らかにされます。汚れた霊や病の支配からの解放だけでありません。主イエス・キリストは死に打ち勝ち、人間にとって最後の敵である死さえもご支配のもとに置かれるのです。

 

娘を生き返らせるのはご自身の復活の〝先ぶれ〟ではないでしょうか。この出来事を「誰にも言うな!」と主イエスは口止めをされました。しかし、娘の蘇生はキリストの復活を予め表すものです。そのことが明らかにされる時がきます。クリスマスはこの復活の主のお誕生を祝う時なのです。

2014年11月30日 日曜礼拝(音声)

2014年11月30日

2014年11月30日 日曜礼拝(動画)

2014年11月30日

2014年11月23日 礼拝説教要旨

2014年11月23日

政所 邦明 牧師

 

嵐の中に立つ

 

マルコによる福音書 第5章21-34節

 

主題聖句:「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もう病気にかからず、元気に暮らしなさい。」

マルコによる福音書第5章34

                                    

12年間も出血が止まらない婦人がいました。主イエスの噂を聞き、この人だったら、あるいはこの人でなければ癒していただけないと上着の裾に触れたのです。その時に主イエスから力が出て行ったとあります。主イエスのご意思と関係なく反射的に力が出て行ったような印象を与えます。力が出ていったことにご自分でも気づかれ、「癒しの力を引き出すように触った人が群衆の中にいる」とおっしゃいました。そして周りを見回し探されます。

 

大勢の群衆が押し迫っていました。多くの人たちが、意図的に、あるいはついうっかり主イエスに触ったはずです。弟子たちさえ、主と肩が触れ合ったかもしれません。しかし、〝この人なら〟癒してくださる。あるいは〝この人でなければ〟癒してもらえないと切羽詰まった思いで、主イエスに向かい合い、触った人はたった一人だったのです。そしてその婦人を探し出され、ご自分の前に呼ばれました。毎日寝食を共にして付き従っている弟子たちにはショックな事態が目の前に起こっています。…自分たちは主イエスのそば近くにいて、行動を共にしているのに、ほんとうの意味では、主に触れていないのではないか?出会ってもいないし、イエス様から自ずと力が出てくるような繋がりを持っていないのではないか…ハッとして考えなおして見る瞬間となったのではないでしょうか?

 

信仰を持っていると言いながら、主イエスにすべてをかけているかが問い直されます。この御方がおられなければ、自分はとても生きてゆけないと思うほどに、強い主イエスとの結びつきを信仰者には求められているのです。

2014年11月23日 日曜礼拝(音声)

2014年11月23日

2014年11月23日 日曜礼拝(動画)

2014年11月23日

2014年11月16日 礼拝説教要旨 

2014年11月21日

政所 邦明 師

 

嵐の中に立つ

政所 邦明 牧師

 

マルコによる福音書 第5章21-34節

主題聖句:「…主があなたを憐れみ、あなたにしてくださったことをことごとく知らせなさい。」           

マルコによる福音書第5章19節 

                                   

マルコによる福音書を読みはじめて、次のことに気がつきます。汚れた霊、あるいは悪霊に命令して、取り憑いている人から出てゆくように主イエスが命令されると、そのとおりになるのです。しかも同じような出来事が何度も書かれています。〝悪霊追放〟は現代のわたしたちに、少なからず抵抗を覚えさせるのではないでしょうか。何か縁遠いように思われます。「心や精神を病んだ人を癒やされたのだ」と考え、簡単に片付けてしまうのです。しかし、自分の中に複数の互いにぶつかり合う力があって、それらが戦いあっているのをだれでも経験するでしょう。たとえば、自分を向上させ、善を目指して進もうとします。すると行かせまいとする逆方向の力が働き、足を引っ張ります。そして自分の望まないところに引っ張っていこうとするのです。

 

使徒パウロは自分の中に罪の法則があり、自分をとりこにしている事実を赤裸々に語ります。そして…望まない善を行わず、望まない悪を行っている。自分がしていることがわからない。何という惨めな人間なのだろう。(ローマの信徒への手紙第7章14~24節)…悲痛な叫びをあげます。

墓場に暮らし、たえず叫び、いてもたってもおれなくさせる力によってこの男はいつも苦しめられてきました。平静さにだれも連れ戻してはくれません。「この惨めさから救ってほしい」と叫び声をあげていたのです。

 

湖で、行く手を突風に阻まれても、向こう岸のガリラヤから、外国ゲラサの地まで主イエスは来られました。だれにもできなかった罪の力から男を開放し、神がしてくださった恵みの業を証しする器に造りかえられたのです。

 

2014年11月16日 日曜礼拝(音声)

2014年11月16日

2014年11月16日 日曜礼拝(動画)

2014年11月16日

2014年11月9日 礼拝説教要旨

2014年11月10日

神の国は成長する

 

政所 邦明 牧師

 

マルコによる福音書 第4章26-34節

 

主題聖句:「…種は目を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。」             

マルコによる福音書第4章27節 

                                   

「神の国は次のようなものである」(4章26節)とか「神の国を何にたとえようか。」(4章30節)と前置きをして、主イエスは語られました。それが、「成長する種」、「からし種」のたとえです。弟子たちには神の国の秘密が打ち明けられています。意識を集中し、耳をそばだてて聞けば、覆いが取り除かれて、たとえの方から語りはじめます。奥義が明らかにされるのです。植物の発芽の様子をひとコマひとコマ撮影してつなぎ、早送りをすると映画のようになります。数週間かかる種の成長が、あたかも1分くらいで起こったように見える映像をご覧になったことがあるでしょう。でも、草花の栽培に興味を持たないかぎり、生育の実態をつぶさに見ることはありません。気にも留めないあいだに庭の雑草は驚くほど、はびこっているものです。

 

「神の国は人知れず成長している」と主イエスは言われます。主イエスが宣教を開始され、病の人が癒やされます。しかし、世の中から病がすべて無くなったわけではありません。神の支配が始まったと言っても、世界規模から考えればささやかなものです。主イエスの伝道の後半から十字架への道がハッキリします。それに伴い、〝奇跡〟と言われる行為はめっきり少なくなります。最大の奇跡は罪の赦しのための十字架と復活です。イエス・キリストは人知れず、十字架への道を着々と進んでゆかれます。

 

わたしたちは心が鈍くて、神の推し進めておられる救いに気が付きません。「聞く耳のあるものは聞け!」と主は言われました。人間の手を借りず、救いの御業を主はなさいます。その業に私たちは目を開かれたいのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る