ホーム > あゆみ > 2015年6月の記事一覧

あゆみ

2015年6月7日 礼拝説教要旨

2015年6月7日

豊かな命を与えるキリスト

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第6章30-44節

主題聖句:「イエスは…大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有り様を深く憐れみ…」

マルコによる福音書 第6章34節

主イエスの評判は高まっていきます。信仰への渇きを感じて、主と使徒たちを追いかけて、人々は向こう岸に先回りをしました。群衆のお腹がすっかり空いていたかどうかはわかりません。たとえ餓死寸前ではなかったとしても、群衆の魂は「飼い主のいない羊のような有様」だと鋭く見抜かれます。腸が痛む強い感情を伴って、主イエスは人々を憐れまれたのです。
羊たちが食べ物に事欠かないようにさせるのが、羊飼いの第一の使命です。それのみならず羊たちに信頼されつつ、群れをしっかり導かなければなりません。「主は羊飼い、わたしには何も欠けるものはない」(詩編23編1節)とあります。神のものとされ、神に完全に支配されたと信じるようになって初めて、わたしたちは一人前の信仰者となるのです。神が心を占めてくださらなければ、神でない偶像が支配します。導びかれていると信じることができれば、幸いです。そのために主は奇跡を起こされます。

 
群衆の魂の飢えを満たすため、5つのパンと2匹の魚を分け与えられました。ヨハネ福音書では「私は命のパンだ」(6:34)と主は言われました。この何千人かの人をわずかの食べ物で満腹させた話は4つの福音書全部に書いてあります。心に強い印象を残し、この出来事によって、最初の教会の人々は慰められたに違いありません。単にパンの奇跡として励まされただけではありません。この話は、教会が聖餐を祝う場面で、繰り返し語られるようになりました。キリストご自身が命を差し出して、自分を救い、永遠の命をお与えになりました。十字架と復活の話として読んだのです。

2015年6月7日 日曜礼拝(音声)

2015年6月7日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る