ホーム > あゆみ > 2017年8月の記事一覧

あゆみ

2017年8月13日 日曜礼拝(動画)

2017年8月13日

2017年8月13日 礼拝説教要旨

2017年8月13日

慰めの時が来る

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第3章17-21節

 

主題聖句:だから、自分の罪が消し去られるように、悔い改めて立ち帰りなさい。 

                         使徒言行録第319

 

  誕生したばかりのエルサレム教会で、使徒たちによって不思議な御業が起こりました。生まれながら足の不自由な男がイエス・キリストの名によっていやされ歩き出すということが、町の人々の大きな反響を呼んだのです。人々が非常に驚いてペトロたちのところに集まってきたので、この機会に、ペトロは、この不思議な御業がどこから来たのかを説明しました。それは、イエスの名を信じる信仰によったのだと語りました。

 

そして、そこに集まったユダヤ人たちに悔い改めを迫ったのです。神に向いていく生活をするように呼びかけたのです。彼らが悔い改めるべき理由は、彼らがイエスを捕え、十字架につけて殺してしまったのは無知のためであったからだと語りました。いくら知らなかったと言っても、罪を免れるものではありません。しかも、神は預言者によってメシアがむごい苦しみを受けることを前もって予告しておられたのです。彼らは知らなかったのですが、イエスが十字架につけられるという苦しみにおいて神の救いのご計画は実現したのです。イエスは真の救い主なのです。ですから、この方を信じて悔い改めるとき、罪を消し去っていただけるのです。

 

さらに、この悔い改めは、慰めの時の準備にもなるのです。「慰め」すなわち、安らぎ、元気づけられることが、将来、キリストが再び地上に来られるときにあるのです。このキリストにお会いできるのです。

2017年8月13日 日曜礼拝(音声)

2017年8月13日

2017年8月6日 礼拝説教要旨

2017年8月6日

主において同じ思いを抱け

三好 晴夫 牧師

フィリピの信徒への手紙 第4章2節-9節

主題聖句:わたしはエボディアに勧め、またシンティケに勧めます。主において同じ思いを抱きなさい。      

フィリピの信徒への手紙第42

 

  8月、平和を覚えて共に祈りたい。72年前(1945年)8月に第二次世界大戦が終わった。日本は無謀にも、中国やアメリカなど大国と戦い、戦闘員も一般市民も巻き込んで甚大な犠牲をもたらした。どんな理由があったとしても戦争を繰り返してはいけないと戦争体験者は語っている。でも、今も世界中のどこかで紛争や武力衝突が起こっている。

 

どうして戦争が起こるのか。その原因は、私たち人間の中にある、自分を正しいとし、相手と戦おうとする欲望である。そのような火種はいたるところにある。私たち一人一人の心の中にも潜んでいる。

 

私たちは自己主張し、何かの拍子に爆発して相手を攻撃してしまうことがある。それぞれの弱さゆえに、間違った判断で行動してしまうことがある。そのような欠け多き私たちの中で生まれる対立や衝突に対してどうしたらよいのか。

 

今日の箇所において、使徒パウロは、教会の中に起こる問題をしっかりと認めること、それにおける自分の意見や考えを主張し合って正しいかを決めるのではない。「主において同じ思いを抱く」のです。主がイエス・キリストにおいて成し遂げてくださった和解の出来事にお互いが思いを向けていくことである。このキリストの御業によって私も相手も救い出されたお互いだからだ。そこに一つとなる道を見い出すことができる。

 

2017年8月6日 日曜礼拝(音声)

2017年8月6日

2017年8月6日 日曜礼拝(動画)

2017年8月6日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る