ホーム > あゆみ > 2018年4月の記事一覧

あゆみ

2018年4月22日 礼拝説教要旨

2018年4月22日

岸辺に立っておられる主

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第21章1-14節

 

主題聖句:イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。

  ヨハネによる福音書 第21章6節

               

復活の主イエスがガリラヤ湖畔で弟子たちに現れた出来事です。彼らは、ガリラヤに集まっていました。それは、主イエスが復活の日の朝、婦人たちに弟子たちへの伝言として、彼ら弟子たちにガリラヤに行きなさい、そこでわたしに会えるという約束があったからです。

 

それを期待して、ガリラヤに来たのですが、主イエスはどこにも見当りません。それで今出来ることとして元漁師もいたので自信を持ってその湖で漁をしたのです。しかし、その夜は何も獲れなかったのです。それで彼らと舟は空しく岸に戻っていました。夜が明けたころ、イエスは岸に立っておられました。彼らはそれがイエスとはわかりませんでした。その方が舟の右側に網を打つように命じたのです。その命令は無謀のように思われましたが、彼らはお言葉に従って網を打ったところ、不思議にも魚が大量に獲れたのです。その時、彼らは3年前に同じ経験をしたことを思い出したのです。あの時も同じように何も魚が獲れなかった、けれどもイエスの言われた通りしたところ沢山の魚が獲れて、イエスが自分を弟子としてくださった。それを思い出し、岸にいる方が主と分かったのです。この御業を通して主がなおも自分たちを弟子として召しておられると確信したのです。私たちをも必要にして下さるのです。

2018年4月22日 日曜礼拝(音声)

2018年4月22日

2018年4月22日 日曜礼拝(動画)

2018年4月22日

2018年4月15日 礼拝説教要旨

2018年4月15日

じる者になりなさい

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第20章24-29節

 

主題聖句:それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。…信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」          

ヨハネによる福音書 第20章27節

               

復活された主イエスは何度も弟子たちに、ご自分が復活され生きておられる事実を現されました。その中で弟子の一人トマスに現れたことは独特なものがありました。それは、主イエスが復活されたその日の夜、弟子たちに現れたとき、トマスだけがそこにはいなかったということです。トマスが彼らのところに戻って来た時、弟子たちから「わたしたちは主を見た」と聞いたのですが、それを受け止めることができませんでした。自分は主イエスのお身体の十字架の傷跡を見、その傷跡に自分の指を指し入れて見なければ決して信じないと言ったのです。それほど、彼は疑い深くなっていました。でも、そのトマスの思いは、私たちには何か親近感を感じさせます。私たちもそのような面があるのです。

 

その8日後、弟子たちがまた家の中にあり、トマスも一緒にいたとき、主イエスが前回と同じように彼らのところに現われ、平和があるようにとあいさつをされました。そしてトマスに上記に記した言葉を言われました。その言葉には、主イエスのトマスに対する愛情を感じさせられます。トマスにも、御自身が確かに十字架で死んだ。けれども神の御力によって復活し生きておられることを知ってほしいと願われたのです。その傷跡は生々しい傷跡でした。その姿を見たトマスは、主イエスを真の神、まことの主と信じますと答えました。信じる者は幸いなのです。

 

2018年4月15日 日曜礼拝(音声)

2018年4月15日

2018年4月15日 日曜礼拝(動画)

2018年4月15日

2018年4月8日 日曜礼拝(動画)

2018年4月12日

2018年4月8日 礼拝説教要旨

2018年4月8日

平和があるように

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第20章19-23節

 

 

主題聖句:その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸がしめてあったが、イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。「平安があなたがたにあるように。」              

  ヨハネによる福音書 第20章19節

 

主イエス・キリストが復活された日の夕方、弟子たちにお姿を現されました。その時、語られた言葉が「あなたがたに平和があるように」でした。ヘブル語で「シャローム」と呼ばれる言葉で、今もユダヤ人の使うあいさつの言葉です。復活の主イエスはこの言葉をもって弟子たちにあいさつをされたのです。でも、主イエスがこの言葉を、繰り返し使っておられるということは、ただのあいさつの意味だけでなく、祝福する意味もあったのでしょう。

 

ヨハネ14章27節で、主イエスが、この世の与える平和とは違う、ご自身の平和を与えると約束しておられました。一時的なはかないものではない、神様による変わらない平和です。この平和を人が受け取れるように、復活の主イエスは,御自身の両手と脇腹を弟子たちにお見せになったのです。目の前にいる方にその十字架の傷跡があるということは、この方は間違いなく主イエスその方であることを示すものでした。しかも、主イエスを見捨てて逃げ去った彼ら弟子たちにもかかわらず、主イエスは今も生きて彼らを赦してくださったことを示すものでした。自分たちが赦されたと知って、彼らは主を見て喜んだのです。復活の主は私たちにも「平和があるように」と語り、喜びと平和を与えてくださる。

2018年4月8日 日曜礼拝(音声)

2018年4月8日

2018年4月1日 日曜礼拝(音声)

2018年4月1日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る