ホーム > あゆみ > 2018年12月の記事一覧

あゆみ

2018年12月30日 礼拝説教要旨

2018年12月30日

 救い主を求めて

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第2章1-12節

 

 

主題聖句:「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」          

 マタイによる福音書 第2章2節

        

 ユダヤ人の王の誕生の知らせは、東方の占星術の学者にも伝わり、彼らがユダヤ人の王を拝もうと旅立ったところ、神の導きによって幼子イエスにお会いすることができたことを覚えたいと思います。

 

彼らが星の動きを調べているとき、特別に輝く星を見つけ、何を示しているのかを調べたところ、この星はユダヤで新しい王が誕生したことを示すものと確信したというのです。それは、ペルシャ地方に住んでいたユダヤ人たちが、先祖から自分たちを救うために新しい王がお生れるになるという預言を聞いていて待ち望んでいたことに、彼らも関心を持っていたからだと思われます。その星の動きとその預言から、ユダヤ人の新しい王の誕生を知らせる星だと確信した彼らは、この王はユダヤ人だけでなく、世界を治める王にちがいないと信じ、このお方を見たい、拝みたいと強く思っていざエルサレムへと行動を起こしたのです。

 

しかし、彼らが、エルサレムで「お生まれになった王はどこにおられますか」と尋ねたところ、ヘロデ王も人々も不安を抱きました。手がかりは預言書でした。その言葉の示す所に従って彼らが出かけて行った時、幼子イエスに会うことができました。新しい王に会いたいという願いを神は祝福してくださったのです。求める者を神は導かれるのです。

2018年12月30日 日曜礼拝(動画)

2018年12月30日

2018年12月23日 礼拝説教要旨

2018年12月23日

言が肉となって

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第1章1-14節

 

 

主題聖句:言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。 

 ヨハネによる福音書 第1章14節

   

 ヨハネによる福音書では、クリスマス、すなわち救い主イエスがお生れになられたことを、「言葉は肉となって、わたしたちの間に宿られた」という言葉で言い表されています。

 

「言は肉となって」。この「言」とは、何を示しているのでしょうか。同じ言葉が1章1節にあります。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」と。「初めに」という言葉を聞くと、私たちは旧約聖書の初めの創世記1章1節の言葉を思い起こします。「初めに神は天地を創造された」と記されています。「初めに言があった」というのは、神が天地を創造されたときの神の言葉、すなわち、神の御意志を示しています。神は天地を創造なさる時、「光あれ」と言われ、光が創造されました。ですから、永遠の昔に神によって天地万物が創造されたその時、神の言があった。神の言は神と共にあった。神の御意志が神と共にあったのです。そしてこの言は永遠の神と共にすべてのものを創造することに関わっておられたのです。この言が人にいのちを与え、人々に光をもたらしたのです。

 

しかし、人間は自分たちを創造された神を離れ、自分勝手に生きてしまいました。けれども、神は私たちを救い出すために、神の言が人となってお生まれになったのです。神の言である永遠の存在が人間と同じ性質を持つ存在となられたのです。それは神のみがなさる愛の御業です。

2018年12月23日 日曜礼拝(音声)

2018年12月23日

<

2018年12月23日 日曜礼拝(動画)

2018年12月23日

2018年12月16日 礼拝説教要旨

2018年12月16日

 お言葉どおり成りますように

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第1章26-38節

 

 

主題聖句:マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」  

ルカによる福音書 第1章38節

   

 この言葉は、神様の申し出に対する、マリアの献身の表明です。

 

神様からどんな申し出があったというと、神の恵みによってマリアのお腹に男の子が身ごもる。その子はいと高き子である。ダビデの王座が与えられ、永遠にヤコブの家を治める。すなわち、マリアから生まれるその子は人々を救う救い主となるという申し出でした。

 

しかし、この神様のご計画をマリアは理解できませんでした。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」と答えたのでした。その時天使は、聖霊がマリアに降り、いと高き方の力がマリアを覆い包むゆえに、そのことが起こるのだと答えました。すなわち、神のご計画が成し遂げられるために、神は全能の力を持って成し遂げられるというのです。その上で、マリアの親戚のエリサべドが高齢にも関わらず男の子を身ごもり、不妊の女と言われていたのにもう6ヶ月になっている。それは、神の全能の御業だというのです。

 

こう言われて、マリアは、自分は小さな者、神様に仕える者であると認めて、神様が救いのご計画を全能の力によって成し遂げて行かれることを信じ、神様に自分の身を任せ、自分をささげる決心をしたのです。このマリアの献身の姿は、私たちの信仰の模範です。私たちの上にも神様の御計画があり、聖霊によって、私たちの中でも神様は御業を成し遂げようとしておられます。信仰をもって従うものとされましょう。

2018年12月16日 礼拝説教(音声)

2018年12月16日

<

2018年12月16日 日曜礼拝(動画)

2018年12月16日

2018年12月9日 礼拝説教要旨

2018年12月9日

 今日、実現した

三好晴夫 牧師

ルカによる福音書 第4章14-21節

 

主題聖句:そこでイエスは、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められた。

ルカによる福音書 第4章21節

    

 聖書のみ言葉は、神様から私たち人間に語りかけられている愛の言葉です。私たちを救い、生かし、励ますところの神様の不思議な力があります。その不思議な魅力の一つが、旧約の預言者によって示された神の約束が、イエス・キリストにおいて成就していることです。

 

今日の箇所には、主イエスがいつも通り安息日にナザレの会堂に入られて、礼拝に出席したとき、聖書を朗読したことが書かれています。当時の聖書は巻物になっていました。その時手渡された巻物が預言者イザヤの巻物でした。その中のある個所に、主イエスの目が留まり、そこを読まれました。そこには、主の霊に満ち主から遣わされた主のしもべが、貧しい人に福音を告げ知らせ、捕らわれている人たちに解放を与えるという救いをもたらすことが書かれていて、それを朗読されたのです。

 

朗読が終り、主イエスは席に座ると、会堂にいた人々の目がイエスに注がれていました。すると、主イエスは「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められたのです。すなわち、今読まれた預言者イザヤの言葉に記されていたことが、今日成就したと言われたのです。つまり、主のしもべによって人々を救う御業が、主イエスによってこの時、この場で実現したというのです。何と驚くべき宣言でしょうか。この約束の通りに主イエスは救いをなさるのです。

2018年12月9日 日曜礼拝(音声)

2018年12月9日

<

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る