ホーム > あゆみ > 2019年1月の記事一覧

あゆみ

2019年1月27日 礼拝説教要旨

2019年1月30日

心からの献げもの

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第21章1-9節

主題聖句:言われた。「確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。

ルカによる福音書 第21章3節

 私たちが日曜日の朝、教会に集い、礼拝をささげていますが、その基本は、神様からの大きな恵みを覚えて、私たちの全生活を神様にささげることです。ローマ12章1節をご覧ください。
主イエスの地上を歩まれた時代の礼拝は、エルサレムの神殿で祭司によって動物のいけにえをささげて感謝を表し、罪の赦しを願うものでした。神殿礼拝は形式的になっていて、問題点も多かったので、その神殿も神殿での礼拝もいつか終わる時が来ることを主イエスははっきりと語られました。そういう中で、すばらしい目を見張るような礼拝をする人に主イエスは目を留められました。それが今日の箇所のある貧しいやもめの献金の姿です。
主イエスは、金持ちたちが神殿の賽銭箱に献金を入れる様子を見ておられました。その列の中に、あるやもめがレプトン銅貨2枚を入れたのです。その金額は金持ちの献金に比べるならわずかなものでした。しかし、主イエスはそれをご覧になって、「この貧しいやもめは誰よりもたくさん入れた」と言われたのです。それは、このやもめが乏しい中から持っている生活費すべてささげたからです。彼女は自分のための何かを残さず、神様が自分を必ず守ってくださると信じて自分の生活すべてを神様にささげたのです。この姿勢は私たちにインパクトを与えます。

2019年1月27日 日曜礼拝(動画)

2019年1月30日

2019年1月27日 日曜礼拝(音声)

2019年1月30日

<

2019年1月20日 礼拝説教要旨

2019年1月30日

 故郷では歓迎されない預言者

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第4章16-30節

 

主題聖句:皆はイエスをほめ、その口から出る恵み深い言葉に驚いて言った「この人はヨセフの子ではないか。」  

ルカ福音書 第4章22節

        

 主イエスはご自身のお育ちになったナザレに来て、安息日にユダヤ人の会堂に入り、そこで聖書を朗読されました。イザヤ書61章の言葉でした。そこを読まれた後、人々に向かって「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められました。

 

この話を聞いた人々は皆、イエスをほめ、その口から出る恵み深い言葉に驚いたのです。このお方の語る言葉が人々の心に沁み入る言葉であったからです。「この人はヨセフの子ではないか」。あの大工ヨセフの子がこんな立派なことが言えたものだと感心したのです。それからやがてわれわれはヨセフの子を、イエスの他にもその兄弟たちをも知っている。この子たちはここナザレに住んでいるではないかと主イエスを軽蔑することになったのです。イエスを神から遣わされた者と信じられなくなったのです。

 

このようなつまずきは今日の私たちにも当てはまるのではないでしょうか。イエスを私たちは神の御子と信じ、この方の救いを信じていますが、そのとき、心の中でこのイエスも一人の人間ではないか、イエスを敬う程のことはないと思ってしまいやすいのです。しかし、この方は確かにヨセフの子として生まれ育った人ですが、神から遣わされた救い主です。私たちと同じ人間として苦しみ、私たちに仕えられたのです。

2019年1月20日 日曜礼拝(音声)

2019年1月30日

<

2019年1月20日 礼拝説教(動画)

2019年1月30日

2019年1月13日 礼拝説教要旨

2019年1月16日

 人生の転機

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第5章1-11節

 

主題聖句:シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。          ルカによる福音書 第5章5節

        

 人生には、ある時変化が起き、新しい展開になっていくという転機を迎えることがあります。シモン・ペトロにおいては、今日の聖書箇所の出来事がそのことでした。その後、彼の人生は大きく変わりました。

 

その日の朝もいつものようにシモンは漁師として漁をしたのですが、その朝は何も獲れず辛い思いで舟を降りて片づけをしていた時でした。主イエスから、彼の舟に乗って少し湖岸から少し出た所から人々に話をさせて欲しいと頼まれました。早速彼は主イエスを舟に乗せ、主イエスは人々に神の言葉を教えられました。その時彼もそばで聞いていました。そして主イエスの話が終り、その時、主イエスは彼に思いがけない言葉をかけられたのです。「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われました。そう聞いた時、「自分は漁師だから、こんな昼間に漁をしても何も獲れませんよ」と笑い飛ばすこともできたはずでしたが、そうしませんでした。「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから」と答えたのです。どうしてそう答えたのでしょうか。先ほどまで話された主イエスの教えを思い出したからです。このお方が言われるのだから信じて従おうとしたのです。そうしたところ、彼は奇跡を見、イエスは神だと知ったのです。

2019年1月13日 日曜礼拝(音声)

2019年1月16日

<

2019年1月13日 日曜礼拝(動画)

2019年1月16日

2019年1月6日 日曜礼拝(動画)

2019年1月12日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る