ホーム > あゆみ > 2019年9月の記事一覧

あゆみ

2019年9月29日 礼拝説教要旨

2019年9月29日

励ましに満ちた決定

 

三好 晴夫 牧師

 

使徒言行録 第15章22-35節

 

主題聖句:それで、わたしはこう判断します。神に立ち帰る異邦人を悩ませてはなりません。         

使徒言行録 第15章19節 

教会は神を求めるすべての人に開かれたものです。そこで求められる一致は、イエス・キリストを主と信じ告白することです。それ以外に何かしなければならないことはありません。

 

しかし、イエス・キリストを主と信じ告白すること以外に、ある一定の行いをすることが、救いの条件として課せられるのだと主張する人々が現れたことがありました。それが、使徒言行録15章で、あるユダヤ人クリスチャンがエルサレムから来て、アンティオキアの教会で、異邦人のクリスチャンに、ユダヤ人の慣習を守らないと救われないと主張したことでした。そのためにエルサレムで会議が開かれました。

 

そこで、使徒ペトロが異邦人ローマの百人隊長コルネリウスがキリストの福音を聞いたとき、割礼を受けていなくても聖霊が与えられて信じて救われたことを語りました。だから、ユダヤ人がキリストの恵みによって救われたように、異邦人も恵みによって救われると話したのです。

 

そこで、エルサレムの教会の指導者の一人、主の兄弟ヤコブが、まとめとして、ペトロの語ったことは、神は、ユダヤ人だけでなく異邦人の中からも信じる者を選び出されることを示していると語り、異邦人も信じたら救われることは預言者の預言していたことと一致していると語り、キリストを信じようとする異邦人に割礼などの行いを要求して悩ませてはいけないとしたのです。これが教会の合意した決定でした。

2019年9月29日 日曜礼拝(音声)

2019年9月29日

<

2019年9月29日 日曜礼拝(動画)

2019年9月29日

2019年9月22日 礼拝説教要旨

2019年9月22日

恵みによって救われる

 

三好 晴夫 牧師

 

使徒言行録 第15章1-21節

 

主題聖句:わたしたちは、主イエスの恵みによって救われると信じているのですが、これは、彼ら異邦人も同じことです。」

 使徒言行録 第15章11節

  

私たちが救われるのは恵みにより、信仰によるのです。これがキリスト教の福音です。この信仰に私たちは立たなければなりません。この信仰に立つことの大切さがより明らかになった出来事を今日学びます。

 

事の始まりは、パウロとバルナバがいたアンティオキア教会に、あるユダヤ人クリスチャンが来て、その教会のギリシャ人でクリスチャンになった人たちに「異邦人であるあなたがたも、ユダヤ人が受ける割礼の儀式を受けなければ救われない」と教えたのです。それを聞いたパウロとバルナバは大変怒り、「それは違います。主イエスを信じるだけで救われるのです」と言って反対しました。

 

そこでパウロとバルナバは話し合いのためにエルサレムに上り、教会の指導者たちが集まってこの問題を協議しました。様々な意見が出された後、ペトロが、百人隊長ローマ人のコルネリウスにキリストの福音を伝えた時の経験に基づいて語りました。神様に導かれて、ユダヤ人のペトロが、異邦人であるコルネリウスとその家族にキリストの救いを語っていると、彼らがイエスを信じ、聖霊に満たされて、異言を語り神を賛美し出したのです。そのことによって彼らも神に受け入れられたことが証明されたのです。彼らに恵みによって救いが示されて、彼らがキリストを信じた時、信じるように導かれ、救いを頂いたのです。

2019年9月22日 日曜礼拝(音声)

2019年9月22日

<

2019年9月15日 日曜礼拝(音声)

2019年9月22日

<

2019年9月22日 日曜礼拝(動画)

2019年9月22日

2019年9月15日 礼拝説教要旨

2019年9月15日

天の故郷をめざして

三好 晴夫 牧師

ヘブライ人への手紙 第11章8-16節

 

 

主題聖句:この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、

 

                   ヘブライ人への手紙11章13節 

今日記念する召天された教会員の方々は皆、神によって生を受け、ある時、主の憐れみをよって信仰を抱いて生かされて、主のお召しを受け主の御許に眠っておられる方々です。

 

今日の箇所には「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました」とあります。ここに記されたアブラハムも、信仰を抱いて死んだ一人です。どんな信仰を抱いていたかというと、主から、主の示す地に行け、そうすれば、あなたも子孫も祝福されるという約束を信じて、行き先を知らずに主の命に従ったのです。生きている間には約束の土地は与えられませんでしたが、「はるかにそれを見て喜びの声をあげ」で信じて歩みました。そして定めのときに本当の故郷である永遠の地に住むという恵みが与えられることを期待して生きたのです。

 

信仰の先輩方も地上が全てではなく、その先に備えられた本当の故郷をめざして歩んだのです。それは、主イエス・キリストの成し遂げられた救いによって罪の赦しが与えられ、永遠の命の希望を与えて頂いたからです。このキリストの真実に触れて、このキリストを信じて、天の故郷をめざして歩まれたのです。キリストのおられるところの天の故郷に行きたいと願ったからです。このような先輩たちの信仰の姿を覚えて、私たちもキリストを信じて天の故郷をめざして歩みましょう。

2019年9月15日 日曜礼拝(動画)

2019年9月15日

2019年9月8日 日曜礼拝(音声)

2019年9月8日

<

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る