ホーム > あゆみ > 2020年5月の記事一覧

あゆみ

2020年5月31日 礼拝説教要旨

2020年5月31日

 もうひとりの弁護者  

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章1-11節

ヨハネによる福音書 第14章15-27節

 

主題聖句:わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。

ヨハネ福音書14章16節

 

今日は、教会の暦では、ペンテコステ、聖霊降臨日です。約束を受けた弟子たちが聖霊を祈り待ち望んでいたところ、その通りに聖霊が降りました。聖霊に満たされた彼らが確信に満ちて、大胆に神の御業を語り始めたところ、主イエスを信じる人々が起こされ、信じる者の群れ、教会が誕生しました。それゆえ教会の誕生を導かれる聖霊を覚えるのです。

 

この聖霊降臨日には、ヨハネによる福音書14章16節以下がよく読まれてきました。この言葉は、主イエスが地上を去るにあたって、残していく弟子たちに語られた遺言ともいうべき約束です。主イエスは、聖霊のことを「別の弁護者」と呼び、ご自分が去った後、ご自分の代わりに別の弁護者として聖霊が弟子たちと一緒にいるように、父にお願いすると約束されたのです。主イエスが彼らのかけがえのない弁護者でした。彼らのそばに立って助けてくださいました。これからは、聖霊が別の弁護者としていつまでも彼らと共におられるのです。

 

この約束が現実になったのが、聖霊降臨日の出来事でした。その日、弟子たちが祈っていたところ、聖霊に満たされ、神のすばらしさを大胆に語り始めたところ、その物音を聞いて集まった人たちが、その語る言葉を聞いて、悔い改めてイエスが真の救い主と信じるようになったのでした。聖霊が信じる人々の内に住み励ましと喜びを与えて下さいます。

2020年5月31日 日曜礼拝(音声)

2020年5月31日

<

2020年5月31日 日曜礼拝(動画)

2020年5月31日

2020年5月24日 礼拝説教要旨

2020年5月24日

 生きた水の流れ 

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第7章32-39節

主題聖句:イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。  

ヨハネ福音書第7章37節

 

今日は、教会の暦では、キリストの昇天を覚える時です。主イエス・キリストが地上を離れて天の父のもとに上っていかれた恵みを覚えたいと思います。

 

主イエスはご自分がこの世を去って天の父のもとに帰る時が近づいた時、地上に残していく弟子たちに、弁護者である聖霊を送ることを約束されました。この聖霊はまことの弁護者として弟子たちと共にいて、彼らを守られます。この弁護者が、イエスを信じる者に与えられるように、主イエスは天の父のもとに上っていかれるのです。

 

主イエスはこの約束の聖霊を受けるように、招きの言葉を語られました。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」。作物が育つために水分が必要であり、水分がないと作物は枯れてしまいます。私たちの身体にも適度な水分が必要であり、水分がないと弱ってしまいます。私たちの魂にも、「生きた水」、神様の霊的な祝福が必要です。この霊的な祝福である聖霊が私たちの内にあるとき、私たちは祝福されます。この祝福をいただくために、主イエスは、「渇いている人はだれでも、わたしのところに」と呼びかけておられます。私たちは神様の慈しみがもっとほしいと思っているでしょうか。渇いて主イエスに信頼するとき「生きた水」聖霊をいただくことができるのです。

2020年5月24日 日曜礼拝(音声)

2020年5月24日

<

2020年5月24日 日曜礼拝(動画)

2020年5月24日

2020年5月17日 日曜礼拝(音声)

2020年5月17日

<

2020年5月17日 礼拝説教要旨

2020年5月17日

 キリストの勝利 

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第16章 25-33節

 主題聖句:あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わた

しは既に世に勝っている。」  

ヨハネによる福音書第16章33節

 

今、私たちが生きている現実社会において、様々な悩みや苦しみがあります。ほんの些細な悩みであっても、私たちは悩み苦しみます。また、自分としては、正しい道を歩んでいても、信仰のゆえに苦しむという苦難を経験することもあります。

 

そういう悩みや苦難の中にある私たちに与えられる慰めは、「あなたはひとりではない。父が、共にいてくださる」という支えです。主イエスが苦難の中にあった時ですら、ひとりで悩まれたのではなく、父なる神が共におられたのです。事実、そうであったのです。

 

その主イエスが、弟子たちに与えられた慰めの言葉が、「勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」という言葉です。罪と暗闇の世が、主イエスを苦しめ、十字架で滅ぼしたかと思われましたが、神がこのイエスを死から復活させて勝利されました。この主イエスの勝利によって、弟子たちは勇気を頂くことができたのです。

 

この世では苦難があります。しかし、そのような中にも、主が私たちと共におられます。主の平安の中に守ってくださいます。このお方は、世に既に打ち勝たれたお方です。このお方の勝利を私たちにも与えてくださいます。このお方が、支えてくださいますから、一人ぼっちではない。このお方の勝利を信じて、守ってくださると信じて歩みましょう。

2020年5月17日 日曜礼拝(動画)

2020年5月17日

2020年5月10日 礼拝説教要旨

2020年5月10日

 世があなたがたを憎むなら 

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第15章18-27節

 

主題聖句:「世があなたがたを憎むなら、あなたがたを憎む前にわたしを憎んでいたことを覚えなさい。  

 ヨハネによる福音書第15章18節

 

私たちが主イエスを信じ、このお方の救いにおすがりして生きていくことは、まことに幸いなことです。しかし、「世」、すなわちこの世に生きる人々の中においては必ずしも、私たちキリストを信じる者は歓迎されるとは限らないのです。むしろ信仰のゆえに憎まれたり迫害を受けたりすることがあるのです。

 

それはどうしてなのでしょうか。そのことについて、主イエスが十字架におかかりになる前に、残していく弟子たちに教えておられるのが今日の聖書箇所です。世が主の弟子たちを憎むのは、主イエスがまず先に世の人々から憎まれたからなのです。主イエスは暗闇を照らす真の光としてこの世に来られ、神の御心に従ってきよく歩まれ、神の愛を表わされ、人々を愛し、正しいことをなさいました。しかし人々はその主イエスの愛の行いをまぶしいと感じ、その光である方を憎み、主イエスを十字架につけて殺しました。ヨハネ3章19節に「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。」とあるとおりです。

 

それゆえ、主イエスの弟子たちや今日のキリストを信じる者が世から憎まれることがあることを覚えるべきなのです。

 

主イエスは御自分が世から憎まれ殺されそうになった時、憎む者を愛し赦しを祈られました。この主イエスの愛と犠牲の故に私たちは救われたのです。主イエスは聖霊によって私たちと共にいてくださいます。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る