ホーム > あゆみ > 2021年2月の記事一覧

あゆみ

2021年2月28日 礼拝説教要旨

2021年2月28日

神の霊の力

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第12章22-32節  

 

主題聖句:しかし、わたしが神の霊で悪霊を追い出しているのであれば、神の国は

      あなたたちのところに来ているのだ。  

マタイによる福音書 第12章28節 

  神様からすばらしい祝福をいただいているのに、当たり前のように思い、気づかずにいることがありませんか。それだけでなく、神様の明らかな祝福に気づかずに不平不満を言ってしまうことはないでしょうか。

 

ある時、悪霊に取りつかれて目が見えず口の利けない人が主イエスのところに連れて来られてきて、主イエスがその人をいやされ、ものが言え、目が見えるようになったのです。それを見た群衆は大変驚いて、この方をメシア救い主ではないだろうかと言いました。しかし、冷静に見ていた人がいました。ファイリサイ派の人たちでした。彼らは自分たちなりに解釈し、この者は悪霊の頭ベルゼブルの力によって悪霊を追い出したのだと非難したのです。

 

彼らの思いを見抜かれた主イエスは、たとえをもってご自分が悪霊の頭の力で追い出しているのではないと反論されました。国でも町でも家でも内輪で争えば成り立ちません。悪霊の頭が悪霊を追い出すとは、内輪もめであり、その国は成り立たないでしょう。しかし、主イエスは神の霊によって悪霊を追い出したのです。そうであれば、神の国はあなたたちのところに来ていることを示しているのです。神様がここにおられるという事実が現されているのです。主イエスは病の人をいやされ、罪に苦しむ者を救い出し、思いわずらう者をいやしてくださいます。主イエスのなさる御業に期待し、勝利される主イエスと共に歩みましょう。

 

2021年2月28日 日曜礼拝(音声)

2021年2月28日

2021年2月28日 日曜礼拝(動画)

2021年2月28日

2021年2月21日 礼拝説教要旨

2021年2月21日

荒れ野の試み  

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第4章1-11節

 

      

主題聖句:イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある。」 

       マタイによる福音書 第4章4節

 教会の暦で「受難節」(レント)の季節に入りました。これから40日間、主イエス・キリストが救い主としてどのような苦しみを味わわれ、人々を救う道にお進みになられたのかを覚えます。今日は第一主日として、主イエスが荒れ野で悪魔の試みに遭われた箇所を読みます。悪魔は神に逆らうように仕向けてくる霊的存在です。主イエスを、そして私たちをも神に信頼しないように仕向けて来るのです。まさに霊的な戦いです。

 

 

悪魔のした第一の試みは、主イエスが荒れ野で40日間断食した後、空腹を覚えられた時にありました。空腹の最中、誘惑する者が主イエスに「あなたは神の子なのでしょ。ならば、辛い空腹を我慢しないで目の前の石をパンになるように命じたらどうですか」と誘惑して来たのです。この誘惑は、あなたは神の子なのだから、神に頼らず、自分の力でこの石をパンにしなさいという誘惑です。鋭い誘惑です。

 

 

すぐに主イエスは「人はパンだけで生きるのではなく」と申命記8章の言葉を持って答えられたのです。人は、食べ物を必要としていますが、それだけで生きるのではない。昔イスラエルの民が荒野で食べ物がなくて困った時、マナという不思議な食べ物をよって神は彼らを毎日養われた。そのように神の与えられる命の糧(言葉)によって生かされるのだと。

 

2021年2月21日 日曜礼拝(音声)

2021年2月21日

2021年2月21日 日曜礼拝(動画)

2021年2月21日

2021年2月14日 礼拝説教要旨

2021年2月14日

安心しなさい。わたしだ。 

三好 晴夫 牧師 

マタイによる福音書 第14章22-36節

 

主題聖句:イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れる  ことはない。」        

マタイによる福音書 第14章27節

 

私たちの人生で、進もうと思い努力するのに、どうにも行き詰まって身動きが取れない事態に遭うことが少なからずあるのではないでしょうか。今日の聖書箇所の弟子たちも、そういう状況に出くわしてしまいました。

 

弟子たちは、直前に主イエスの行われた5千人以上の人々にパンと魚で満腹にされた奇跡を見て、群衆と共に興奮していたことです。主イエスは、弟子たちをその場から離すために、強いて彼らを舟に乗せて、向こう岸に向かわせたのです。主イエスは、揺るがない態度で群衆を解散させて、ご自身は山に行って一人祈りの時を持たれたのでした。

 

一方、舟に乗った弟子たちが進んでいたとき、突然、逆風が襲ってきて舟と弟子たちは波に悩まされたのです。夜、明かりもない中の逆風です。不安と恐怖に中で悪戦苦闘して舟が沈まないように努力したのです。そんな夜が明けるころ、白い物体が近づいてきました。どんどん近づいてきます。弟子たちはおびえて恐怖のあまり叫び声をあげました。すると、白い物体から声がしました。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」それは主イエスでした。主イエスが来て下さったのです。主イエスが共にいてくださるのです。彼らはどんなにか安心したのです。私たちも不安の中にあります。その私たちにも主イエスは御声をかけてくださいます。

2021年2月14日 日曜礼拝(音声)

2021年2月14日

2021年2月14日 日曜礼拝(動画)

2021年2月14日

2021年2月7日 礼拝説教要旨

2021年2月7日

いやすキリスト 

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第15章21-31節

              

主題聖句:  そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。                   マタイによる福音書 第15章28節

 病気のいやしについて、聖書はどう教えているのでしょうか。私たち人間は創造主なる神によって創造された存在で、私たちの命と体も神によって生かされている限りある存在です。そんな私たちは自分の罪の故に弱く、病気にもなりますが、神はいやしてくださるのです。病気になっても、いやされるように、神は自然治癒力で私たちの体を回復するようにしてくださいます。医学や薬などの進歩や研究によって開発される治療を用いて神はいやしてくださいます。それだけでなく、神にいやしを信じて求めていく者に、特別にいやしを与えてくださることもあるのです。ですから、私たちは自分が病気になったとき、神がいやしてくださると信じて祈り求めていくのです。

 

では、どのように神を信じて祈り求めるべきか、今日の箇所から教えられたいと思います。主イエスがある異邦人の住む場所に行かれたとき、カナン人の女性が主イエスに近づき、自分の娘のいやしを願い求めたのです。それに対して主イエスは何の反応もされませんでした。主イエスはイスラエルの民を救うことが自分の使命だと断られたのです。その時、主イエスはイスラエルの祝福を小犬に与えるのはよくないという優しい言い方をされたのです。それを聞いた彼女は神の祝福は大きく、小犬のような者ですがおこぼれにあずかりたいと切に求めたのです。その切実に求める彼女の信仰を聞かれた主イエスは、願い通りいやしてくださったのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る