ホーム > あゆみ > 2014年3月23日 礼拝説教要旨

あゆみ

2014年3月23日 礼拝説教要旨

2014年3月24日

共に歩んでくださる主イエス

政所 邦明 牧師

サムエル記上 第21章1-15節

マタイによる福音書 第12章3-4節

中心聖句:「普通のパンがなかったので、祭司は聖別されたパンをダビデに与えた。パンを供え替える日で…主の御前から取り下げた、供えのパンしかなかった。」                          サムエル記上  第21章7節

 サウルに妬まれてダビデは逃亡生活をしなければならなくなります。死から逃れるさすらいの旅の始まりです。食べ物も武器も持たず、一人で逃げました。ある書物の題に『自由から逃走』というのがあります。それをもじって言えば『死からの逃走』です。死に追いかけられるのが、わたしたちの共通の問題です。

ダビデが最初に立ち寄った先は、祭司アヒメレクのところでした。神に祈り、助けを求めるためです。死という最大の課題に向き合うときに、まず神に対する態度をきちっと整えないで、どうして立ち向かえるでしょうか。

 

礼拝の後にダビデは祭司にパンを求めます。神に供えられた後のお下がりのパンがあり、ダビデはそれに与りました。本当は普通のパンが欲しかったのだけれど、古くなったパンしかなかった、仕方がないので我慢したのでしょうか。そうではありません。ダビデにとって「お下がりしかない」のではなく、「供えのパン」こそ、どうしても必要だったのです。命を落としそうな厳しい戦いに、神から力と命とをいただかなくて、どうして勝ちぬくことができるでしょうか。もっともふさわしい物をこの時、神はダビデに用意しておられました。死を乗り越える命は神が与えられます。だからこそ、主イエスは、日ごとの糧を、神に祈れといわれたのです。

 

「ただなくてならならぬ食物でわたしを養ってください。」(箴言第30章8節口語訳)神から与えられる糧でなくて、どうして死を乗り越えることができるでしょうか。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る