ホーム > あゆみ > 2014年4月13日 礼拝説教要旨

あゆみ

2014年4月13日 礼拝説教要旨

2014年4月14日

ダビデの子にホサナ

 

政所 邦明 牧師

 

イザヤ書 第53章1-12節

マタイによる福音書 第20章29節-第21章11節

 

主題聖句:「「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に…」   

マタイによる福音書 第21章9節

                                    

受難節を過ごしながら、主イエスが十字架に向かって進んでいかれるお姿を思い浮かべています。「ダビデの子孫として生まれ、死人のうちからよみがえったイエス・キリストをいつも思っていなさい。これがわたしの福音である。」(テモテへの第二の手紙 第2章8節 口語訳)とパウロ先生は言われました。救いの良き知らせを心の中に深く受け止めようとすれば、イエス・キリストのことをいつも“思い巡らして”いなければなりません。受難節に限らず、四六時中黙想することを求められています。しかし、とりわけこの季節に、主の十字架に思いを集中するのです。

先週の箇所では、エブス人の住んでいたエルサレムの町をダビデが占領しました。それは神がエルサレムを支配され、全世界の王となられたことを意味すると申し上げました。神が王の位にお付きになったのです。

 

過越しの祭りの時、エルサレムの町に主イエスはロバに乗って入られました。ロバは“柔和な”動物の象徴です。“柔和な王”をお乗せするのにふさわしい動物と言えるでしょう。神が王として、エルサレムにおいでになります。十字架によって人間の罪を償い、罪から救って下さるためです。ロバの姿はイエス・キリストのお姿と重なります。罪の重荷を担うために神の御心に従って下さる “苦難の僕”としてのお姿がよく現れています。「ダビデの子にホサナ」とは「ダビデの子よ、救ってください」と呼びかけることです。真の王であり、救い主を迎えるふさわしい呼びかけと言えるでしょう。そのようなお方が今日わたしたちのところへ来てくださるのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る