ホーム > あゆみ > 2014年4月27日 礼拝説教要旨

あゆみ

2014年4月27日 礼拝説教要旨

2014年4月27日

神の家をたてる

 

政所 邦明 牧師

 

サムエル記下 第7章18-27節

使徒言行録 第17章22-28節

 

主題聖句:「…あなたの王国はあなたの行く手にとこしえに続き、あなたの王座はとこしえに固く据えられる。」      

サムエル記下 第7章16節

                                    

度重なる戦いの果てに30歳になったダビデはやっと全国統一を果たします。サウル王に追いかけられる心配はなくなり、やっと落ちついて自分の家に住むようになりました。ある時ふと気が付きました。自分はレバノン杉の家に住んでいる。それなのに神の箱が安置されているのはまだテントの中だ。自分をこれまでの地位に押し上げて下さった神に対して、ダビデは感謝の気持ちでいっぱいでした。自分に比べ、神の箱が置かれている場所はみすぼらしく、このままでは神様に対してあまりにも失礼で、申し訳ないと思ったのでしょう。神殿建設の思いが心に浮かんだようです。

 

ダビデが悪いことを思いついたと私は思いません。神に感謝を表したかったのでしょう。住む家を神から自分はいただいている。それ故に神にも家を造って献上するのが良いだろうと考えたのです。そんなに間違っているとは言えないでしょう。それでも神の恵みがダビデには、徹底してはわかっていなかったのです。神の恵みに対し、人間は物でお返しができるでしょうか。それこそ人間と神とを同じ水準におくことではないでしょうか?こんなに失礼な話はありません。恵みに応える道を深く知る必要がありました。

 

「神の箱を置く建物を建ててくれ」などと神は一度もおっしゃったことはないのです。人間がお返しを何もしなくて良いということではありません。どんなことをしたって、神の恵みに応えるには足りないでしょう。救っていただけるのであれば、むしろ、無条件で自分を神に明け渡し、神の救いの恵みを感謝して受け入れる信仰の道以外に何があるというのでしょうか?

 

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る