ホーム > あゆみ > 2014年5月25日 礼拝説教要旨

あゆみ

2014年5月25日 礼拝説教要旨

2014年5月26日

神の前に頭を垂れよ

政所 邦明牧師

サムエル記下 第13章20-39節 コロサイ人への手紙 第3章18-25節

主題聖句:「アムノンの死をあきらめた王の心は、アブサロムを求めていた」

サムエル記下第13章39節

イエス・キリストの祖先になぜダビデが選ばれたのでしょうか。サムエル記の下巻に入って、罪を犯すひとりの弱い人間の姿をダビデの中に見てきました。確かに優れた信仰者にダビデは違いありません。しかし、揺るがない信仰にしっかり立つというより、弱さために失敗し、醜さの中を“のたうちまわる”のです。そして罪に悩みながらも、神に憐れみを乞い、赦しを願います。そのようなところはどの信仰者にも共通なのではないでしょうか。

イエス・キリストとダビデが違う点があります。主イエスは罪を侵されませんでした。しかし、その他はわたしたち人間と全く同じで、わたしたちの弱さに、この方は同情できない方ではありません。   サウルから妬まれて苦しみ、姦淫を犯し、人を殺して自分の罪を隠そうとしました。その結果、生まれた赤ちゃんを亡くす悲しみもダビデは経験するのです。そのような人間の子孫にキリストがなってくださる事自体慰めではないでしょうか。キリストは罪が代々受け継がれるような系譜(系図)の中に入ってくださったのです。それは次の御言葉の実現です。「罪と何のかかわりあいもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。」(Ⅱコリント5:20)わたしたちの弱さを知ってくださる方が、同情して下さるだけでなく十字架にかかって身代わりに死んでくださったのです。   敵対する者から妬まれる。自分の罪の弱さ、親としての悲しみを持つ。それは、だれでも経験しそうです。これらの中で苦闘したからこそ、わたしたち人間は救いを求めてイエス・キリストに近づくのではないでしょうか。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る