ホーム > あゆみ > 2014年11月9日 礼拝説教要旨

あゆみ

2014年11月9日 礼拝説教要旨

2014年11月10日

神の国は成長する

 

政所 邦明 牧師

 

マルコによる福音書 第4章26-34節

 

主題聖句:「…種は目を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。」             

マルコによる福音書第4章27節 

                                   

「神の国は次のようなものである」(4章26節)とか「神の国を何にたとえようか。」(4章30節)と前置きをして、主イエスは語られました。それが、「成長する種」、「からし種」のたとえです。弟子たちには神の国の秘密が打ち明けられています。意識を集中し、耳をそばだてて聞けば、覆いが取り除かれて、たとえの方から語りはじめます。奥義が明らかにされるのです。植物の発芽の様子をひとコマひとコマ撮影してつなぎ、早送りをすると映画のようになります。数週間かかる種の成長が、あたかも1分くらいで起こったように見える映像をご覧になったことがあるでしょう。でも、草花の栽培に興味を持たないかぎり、生育の実態をつぶさに見ることはありません。気にも留めないあいだに庭の雑草は驚くほど、はびこっているものです。

 

「神の国は人知れず成長している」と主イエスは言われます。主イエスが宣教を開始され、病の人が癒やされます。しかし、世の中から病がすべて無くなったわけではありません。神の支配が始まったと言っても、世界規模から考えればささやかなものです。主イエスの伝道の後半から十字架への道がハッキリします。それに伴い、〝奇跡〟と言われる行為はめっきり少なくなります。最大の奇跡は罪の赦しのための十字架と復活です。イエス・キリストは人知れず、十字架への道を着々と進んでゆかれます。

 

わたしたちは心が鈍くて、神の推し進めておられる救いに気が付きません。「聞く耳のあるものは聞け!」と主は言われました。人間の手を借りず、救いの御業を主はなさいます。その業に私たちは目を開かれたいのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る