ホーム > あゆみ > 2014年11月23日 礼拝説教要旨

あゆみ

2014年11月23日 礼拝説教要旨

2014年11月23日

政所 邦明 牧師

 

嵐の中に立つ

 

マルコによる福音書 第5章21-34節

 

主題聖句:「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もう病気にかからず、元気に暮らしなさい。」

マルコによる福音書第5章34

                                    

12年間も出血が止まらない婦人がいました。主イエスの噂を聞き、この人だったら、あるいはこの人でなければ癒していただけないと上着の裾に触れたのです。その時に主イエスから力が出て行ったとあります。主イエスのご意思と関係なく反射的に力が出て行ったような印象を与えます。力が出ていったことにご自分でも気づかれ、「癒しの力を引き出すように触った人が群衆の中にいる」とおっしゃいました。そして周りを見回し探されます。

 

大勢の群衆が押し迫っていました。多くの人たちが、意図的に、あるいはついうっかり主イエスに触ったはずです。弟子たちさえ、主と肩が触れ合ったかもしれません。しかし、〝この人なら〟癒してくださる。あるいは〝この人でなければ〟癒してもらえないと切羽詰まった思いで、主イエスに向かい合い、触った人はたった一人だったのです。そしてその婦人を探し出され、ご自分の前に呼ばれました。毎日寝食を共にして付き従っている弟子たちにはショックな事態が目の前に起こっています。…自分たちは主イエスのそば近くにいて、行動を共にしているのに、ほんとうの意味では、主に触れていないのではないか?出会ってもいないし、イエス様から自ずと力が出てくるような繋がりを持っていないのではないか…ハッとして考えなおして見る瞬間となったのではないでしょうか?

 

信仰を持っていると言いながら、主イエスにすべてをかけているかが問い直されます。この御方がおられなければ、自分はとても生きてゆけないと思うほどに、強い主イエスとの結びつきを信仰者には求められているのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る