ホーム > あゆみ > 2015年1月11日 礼拝説教要旨

あゆみ

2015年1月11日 礼拝説教要旨

2015年1月11日

洗礼とは

政所 邦明 牧師

ルカによる福音書 第3章21-22節

主題聖句:「民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると…」

(ルカによる福音書第3章21節)    

 

“主イエスが洗礼を受けられた”とマタイもマルコもルカも書いています。そのうち、マタイとマルコの記述からはバプテスマのヨハネから、ヨルダン川で受洗されたことが伺えます。ルカは“どこで、だれから”受けられたかについて明記していません。ただ、民衆が洗礼を受け、その民衆の一人に加わるように主イエスが受洗されたと記しています。上記のみことばは民衆と主イエスの受洗とがきわめて密接であると簡潔に示しているのです。

 

罪のない神の子がなぜ、罪を抱えたままの民衆に紛れるようにして洗礼をお受けになったのでしょうか。罪のない方には必要ないはずです。この時点では謎が残ると思います。しかし、数年後、主イエスが弟子たちから裏切られ、逮捕される前に12弟子たちに言われたことばがあります。「…『その人は犯罪人の一人に数えられた』と書かれていることは、わたしの身に必ず実現する。…」(ルカ22章37節)これはイザヤ書53章12節の引用であると言われます。この言葉と主イエスの洗礼とは密接に関わるのです。

 

主イエスが宣教をなさる前に民衆の一人に紛れるように洗礼を受けられたのは、伝道のご生涯の目的が、罪人の罪を一身に引き受け、身代わりに死ぬことを暗示しているのではないでしょうか。「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と天から声がありました。(ルカ3:21)ここにもイザヤ書第42章の言葉が含まれています。イザヤ第53章同様、苦難を受ける僕の姿を預言したものです。罪のない主イエスもまた洗礼を受けられたのは、罪深いわたしたちを救うためにこられたことを明らかにしているのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る