ホーム > あゆみ > 2015年1月25日 礼拝説教要旨

あゆみ

2015年1月25日 礼拝説教要旨

2015年1月25日

包んで赦す愛

 

政所 邦明 牧師

 

ペトロの手紙一 第4章10-11節

 

主題聖句:「神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい。」             

(ペトロの手紙一 第410)

                                    

 

イエス・キリストのご愛は「包んで赦す愛」です。この前の9節では「愛は多くの罪を覆う」と言われていました。それは都合の悪い罪を一時しのぎで隠すことではありません。根本的に解決するために“罪を赦す”のです。「包んで赦す愛」は赦された人を新しく造りかえ、力を与えます。そして自分のためではなく、神の栄光を求めて生きるように促します。

その人の存在そのものが神の贈り物・〝賜物〟であることには違いありません。しかし、神がそれぞれに賜物を与えておられます。何も秀でた才能のことだけを考える必要はないでしょう。「自分は何もできない」と、ことさら自分を卑しめる人がいます。そんなことはありません。〝救い〟という何ものにも代えがたい素晴らしい贈り物を与えられているではありませんか。イエス・キリストが十字架にまでかかり、甦らたのに、「包んで赦す愛」を貰っていないと主張すれば、これほどの恩知らずはないのです。

 

何も貰っていないことはありません。気がついていないだけでなく、与えられているのに、あるがままを見ようとしないのです。しかも所有者ではなく管理者だと言われています。ほかの人のものを預かっているのですから、いつも所有者に対して責任があり、大切に、しかも〝宝の持ち腐れ〟にならないように活かして用いる期待を管理者にかけられています。

 

贈り物は自慢したり、〝自己実現〟すなわち、自分のために才能を開花させたりする目的で使うのではありません。「互いに仕えあうため」です。独り占めを考えているとすれば、「包んで赦された者」の名に値しないのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る