ホーム > あゆみ > 2015年3月8日 礼拝説教要旨

あゆみ

2015年3月8日 礼拝説教要旨

2015年3月8日

 

悪魔への抵抗

 

政所 邦明 牧師

 

ペトロの手紙一 第5章8-11節

 

主題聖句:「…悪魔が、…だれかを食い尽くそうと探し回っています。信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。」

ペトロの手紙一 589

 

 人生そのものが戦いであるだけでなく、信仰に生きていく時も戦いは付きものです。しかし、信仰の戦いは固有の性質を持っています。それは①祈りにおける戦いであり、②神を拝むか、悪魔を拝むか、どちらか一つを選ぶ戦いと言えるでしょう。

 

「悪魔」などというと中世までの話で、現代人には〝非科学的〟でしょうか?しかし、すきあらば、神への信仰から引きずり降ろそうとする悪しき力が確かに働いているのをキリスト者は本能的に知っています。悪魔はどのような手を使ってくるかわかりません。確かに不気味です。しかし、イエス・キリストが罪にも、滅びにも勝利をしてくださっています。信仰者は恐れることはありません。その際にペトロは教会に次のように薦めます。

 

1.身を慎む。…もとの意味はお酒に酔わないしらふの状態を指します。沈着冷静、平常心を保つことでしょう。各自の気の持ちようではありません。信仰を持って不動の岩、神に確かな根拠を見出すのです。「主はわたしの岩、砦、…避けどころ、わたしの盾、救いの角」(詩編第18編3節)

 

  1.  目を覚ましている。…ゲツセマネの園で、目を覚まして祈るようにペトロは主イエスから命じられました。その戒めに背き、眠り込んでしまったのです。自分の失敗からすれば、ほかの人に偉そうに薦められた義理ではないでしょう。しかし、1.も2.も結局、「信仰にしっかり踏みとどまること」につながるのだと、あえて言わざるを得なかったのです。 

     

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る