ホーム > あゆみ > 2015年4月26日 礼拝説教要旨

あゆみ

2015年4月26日 礼拝説教要旨

2015年4月26日

ヤコブとエサウ

 

政所 邦明 牧師

 

創世記 第25章19-34節

 

主題聖句:「…二つの民があなたの腹の中で分かれ争っている。一つの民が他の民より強くなり、兄が弟に仕えるようになる」    

創世記第25章23

                                   

旧約聖書の神は「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」と呼ばれます。親・子・孫、3世代に亘って、神の祝福の約束が受け継がれて行きます。アブラハムは〝信仰の父〟として尊敬されてきました。神の祝福の約束を信じ抜いた模範であり、〝ひな形〟の人物と言えるでしょう。しかし、祝福の約束を受け継ぐのは容易ではありません。イサクに双子の男子が授かります。胎児の時から二人は母親の胎内で争い、出産の時には行く末が案じられる出来事が起こります。先に産まれた兄エサウのかかとを掴んだまま、弟ヤコブが続いて産まれたのです。“兄を先に行かせたくない!”とする野心を、かかとをつかむ行為で弟ヤコブは表したのだと思います。

 

二人が大人になり、長男としての神の祝福の約束をどちらが受け継ぐかで争いが起こりました。弟ヤコブは周到に準備し、機会を伺い、兄の弱みにつけこんで、一杯の食べ物と長男の特権とを巧みに交換させてしまいます。創世記は「エサウは長子の権利を軽んじた」(25:34)と評定をくだします。ヤコブはずる賢いのです。褒められることをしたとは思いません。ただ神の祝福の約束は何としてでも手に入れたいと願いました。私たちがヤコブから学ぶべき点があるとすれば、あらゆる機会を捉え、力を尽くして救いを得たいと願う心を彼が、持っていたことではないでしょうか。しかし、兄も弟も両親も人間の欲や好みをむき出しにして策略をめぐらし、駆け引きをします。私たちの姿を見るようで嫌になります。でも「兄は弟に仕える」と予告されていた神のご意思が、色々な人の思惑に阻まれることなく、貫かれたのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る