ホーム > あゆみ > 2015年8月30日 礼拝説教要旨

あゆみ

2015年8月30日 礼拝説教要旨

2015年8月30日

イエス様はメシア

政所 邦明 牧師

マルコによる福音書 第8章27-30節

 主題聖句:「それでは、あなたがたはわたしを何ものだというのか」ペトロが答えた。「あなたはメシアです」    

マルコによる福音書第8章29

                                   

フィリポ・カイサリアの地方に弟子たちと主イエスが向っておられた時のことです。さりげない様子で、「君たちは私のことを何者だと言うのか」と弟子たちに質問されました。「言う」とは言葉にハッキリ表すことです。心秘かに、「ああでもないこうでもない」といろいろ悩み、迷った状態で留まっているのとは違います。口に出すのです。結論をひとつに定め、責任をもって答えます。その答えそのものが、答えた人のその後の生き方、信仰生活の方向を定めます。生き方そのものにも責任が問われるのです。

 

「あなたはどう言うか」とそのものズバリを質問される前に、別の問いかけをキリストはなさいます。…「人々は、わたしのことを何者だと言っているか」…それに対して、「洗礼者ヨハネ」と「預言者エリヤ」の名を弟子たちは挙げます。その時二人はもう地上にはおりません。つまり死んでしまった人間が再来したと言うのでしょう。ほかに宗教的天才、偉人、などいろいろな言い方をした人がいたはずです。しかし、どれも主イエスが期待され、望まれる答えではありませんでした。〝これぞ答え!〟はひとつです。主イエス様はすでにご自分でちゃんと答えを持っておられるのです。弟子たちが口で告白するまで、待っておられるのでしょう。

 

しかし、正解を言い当てれば、「それでおしまい!」ではありません。「あなたはメシアです」…メシアとは救い主を意味します。口で言いあらわすだけでなく、確かに私を救ってくださると信じて、この御方に自分自身を投げかけ、実際に救っていただいて、始めて告白が意味を持つのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る