ホーム > あゆみ > 2016年7月10日 礼拝説教要旨

あゆみ

2016年7月10日 礼拝説教要旨

2016年7月10日

罪人を招くイエス

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第2章13-17節

 

主題聖句:「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」

                  マルコによる福音書2章17節

 

  自分が健康なときには、医者が必要だとは思いません。しかし、医者を必要とする時があります。自分が病気であると自覚する時です。自分が病気と知ったら、病気を直してもらいたくて医者を求めます。

 

しかし、私たちは自分の健康に敏感ではありません。自分が病気の症状があっても、どんなにしんどくても、病気と気づかず、医者を必要と思わないところがあります。

 

それと同じように、私たちは、霊的な病気と言われる、自分の罪に気づいていないのではないでしょうか。私たちを愛し、導いて下さる神から離れてしまい、自分勝手な生き方をしていることに気づいていないのではないでしょうか。罪深い症状があったとしても、自分は問題ないと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。自分の問題に気づかないために、自分の魂の医者、すなわち、救い主キリストが必要だということも気づいていないことがあるのではないしょうか。実は、主イエスを知らなかった時の、私たちはそんな状態にあったものです。

 

主イエスは「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」と言われました。主イエスが来られたのは、自分が正しい、汚れていないと思っている人を救うためではなく、自分は、罪があると思っている人を見つけ出して救うために来て下さったのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る