ホーム > あゆみ > 2016年7月24日 礼拝説教要旨

あゆみ

2016年7月24日 礼拝説教要旨

2016年7月25日

 もう泣かなくともよい

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第7章11-17節

主題聖句:「主はこの母親を見て、憐れに思い、『もう泣かなくともよい』と言われた。」

                    ルカによる福音書7章13節

 

 

今日は、ナインという町に住むやもめに注目します。ある日、主イエスと弟子たち一行がナインの町の門に近づかれたとき、ちょうど、ある母親の一人息子が死んで、その棺が担ぎ出されるところでした。

 

主イエスは、その母親をご覧になりました。その時、主イエスは、この母親の悲しむ姿と共に、彼女の心の苦しみをも見られたのです。先に夫に先立たれ、残された一人息子も死んでしまい、一人ぼっちになってしまい、女一人でどう生活していくべきか途方に暮れていました。こんな状況の母親に町の人たちは、じっと寄り添っていました。

 

「主はこの母親を見て、憐れに思い、『もう泣かなくともよい』と言われた。深い悲しみが母親を支配しています。主イエスはじっと彼女を深く憐れまれたのです。「憐れむ」という言葉は、はらわたがよじれるほどに深く同情するという意味です。その思いをもって、もう泣かなくともよいと語られました。今悲しみで一杯でしょうが、もう泣き続けなくてもよいです。主イエスは深い同情心を示されただけでなく、その悲しみを担ってくださいました。近づいて、棺に触れられると、死んでいた息子に「起きなさい」と声をかけ、息子を母親にお返しになったのです。死んでいた息子を生き返らせて返されました。このような驚くべき御業を救い主イエスが行われたのです。主イエスは私たちのために十字架で死なれ死より復活されましたから、いのちの恵みを下さいます。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る