ホーム > あゆみ > 2016年7月31日 礼拝説教要旨

あゆみ

2016年7月31日 礼拝説教要旨

2016年7月31日

良い羊飼いキリスト

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第10章11-18節

主題成句:「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」

                  ヨハネによる福音書10章11節

 

 主イエスは、御自分のことを、「わたしは、よい羊飼いである。」と言われました。何と大胆な発言、何と思い切った発言でしょうか。

 

この「良い」という言葉は、「まことの」という意味です。「信頼に足る」という意味です。親身になって心配し、しっかりと守る信頼できるものだということです。では、どんな点で、主イエスはまことの羊飼い、信頼に足る羊飼いなのでしょうか。「良い羊飼いは、羊のために命を捨てる。」と言われます。つまり、愛する羊の世話をし、その命を守るために、自分の命を捨てる。主イエスはそういう羊飼いであられるのです。

 

当時、自分の羊を持たない雇人がいました。雇われて、給金をもらって、そのためにだけ働く人でした。もし危険なことに直面すると、羊を置いて逃げ出してしまいます。それは、羊のことをあまり心にかけていないからです。羊よりも自分の命や生活が大事だと思っているからです。その雇人が逃げてしまったら、羊は危険な目に遭い、悲惨な状態になってしまいます。しかし、本当に羊のことを心にかけている羊飼いは、羊が困ったことになったとき、親身になって命がけで守ります。

 

羊が自分勝手に迷い込んでしまうことがあるように、私たちも、神様から離れて、自分勝手に進み、迷子の状態になり、危険なことになっていました。そんな私たちを、まことの羊飼いは決して見捨てられません。一緒に苦しみ、捜し続けてくださいます。私たちを救い出すために、自ら進んで十字架にかかって死んでくださり、わたしたちに命を与えて下さいました。ご自分の命を捨てられるのは主イエス・キリストだけです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る