ホーム > あゆみ > 2017年5月7日 礼拝説教要旨

あゆみ

2017年5月7日 礼拝説教要旨

2017年5月8日

神のものは神に返しなさい

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第12章13-17節

主題聖句:イエスは言われた。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」彼らは、イエスの答えに驚き入った。

 マルコによる福音書1217

 

 

 「皇帝に税金を納めるべきでしょうか。納めてはならないのでしょうか。」と納税反対派と納税賛成派が一緒になって主イエスに尋ねて来たのです。どう返答するかによって、主イエスを陥れようとの下心のある質問 でした。

 

主イエスは直接答えられず、彼らにデナリオン銀貨を持って来させて、「その銀貨には誰の肖像と銘があるのか」と尋ねられ、その銀貨をよく確認するように求められました。

 

その銀貨には、皇帝の肖像と銘がありました。そして銀貨に皇帝の肖像と銘があることは、皇帝の権威と支配を示しており、皇帝の支配によって経済流通の秩序が支えられていることを示していたのです。そのように皇帝の権威と支配によって支えられているのであれば、皇帝の恩恵に対して税金によって返していくべきと主イエスは答えられたのです。

 

それに加えて、「神のものは神に返しなさい」と言われました。「神のもの」とは、神の権威と支配の及ぶところです。神の造られたものすべて、神によって創造された私たち人間も神のものです。皇帝も神のものです。私たち人間が神のものですが、主イエスの犠牲によってなお一層神に近づけられています。神のものとされていますから、神に感謝し歩むのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る