ホーム > あゆみ > 2017年5月21日 礼拝説教要旨 

あゆみ

2017年5月21日 礼拝説教要旨 

2017年5月21日

最も重要な戒め

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第12章28-34節

 

主題聖句:そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」

マルコによる福音書1233

              

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」。神の掟は、本来は神から人間が健やかに生きる道として与えられたものです。しかし、人がその掟を一生懸命守ろうとするあまり、守ろうとして掟が増えて多くなり、しかもどれも守らなければならなくなり、どれが大切な戒めかよく分からなくなっていたのです。それで、律法学者は、主イエスに尋ねたのです。

 

すると、主イエスは、神を愛し、隣人を愛するこの2つの戒めが一番重要だと答えられました。神を愛すること。それは、神が私たち人間を創造され、愛され救い出して下さったのだから、全身全霊をもって神を愛さなければならないのです。もう一つは、隣人を愛することです。隣人とは、私たちと同じように神によって創造され愛されている存在です。彼らを自分のように愛すべきなのです。自分が神から愛されているようにその人も神から愛されているのだから、その人を愛するのです。この2つの戒めが最も大切な戒めだと主イエスは言われました。

 

しかし、神を愛し隣人を愛することを本気で実行することは簡単ではありません。守ることができず、神から遠い存在である私たちです。そんな私たちのために、主イエスは十字架に向かわれるのです。「あなたは神の国から遠くない」と呼びかけ、神の愛の中に招いてくださるのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る