ホーム > あゆみ > 2017年6月4日 礼拝説教要旨

あゆみ

2017年6月4日 礼拝説教要旨

2017年6月4日

聖霊の降臨

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章1-11説

主題聖句:すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。                

使徒言行録第24

              

今日は、教会の暦では、聖霊降臨日です。約束の聖霊を待ち望んでいた主イエスの弟子たちの上に、聖霊が降り、聖霊に満たされて、彼らは大胆に主イエス・キリストを宣べ伝え始めました。するとそのメッセージを聞いた人々が心刺され、悔い改めて信じる人々が起こされ、信じる者の群れ(教会)が誕生しました。このように人々を救い、教会を生み出した聖霊を覚えるのです。

 

主イエスが天に上られた後、弟子たち初め多くの人たちは、一か所に集まって約束の聖霊が降るのを祈り求めていたところ、五旬祭というユダヤの祭の日に、祈っていた彼らの場所に、天から激しい音が響き渡り、炎のような舌が一人一人の上に留まったのです。そして彼らは聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉で語り出したのです。大胆に神の偉大な御業を語り出したのです。

 

大きな物音に、ユダヤの祭のためにエルサレムに集っていた信心深いユダヤ人が集まって来たところ、目の前で、主イエスの弟子たちが聖霊に導かれるままに、大胆に神の偉大な御業(主イエスの十字架と復活の御業)を語り伝える姿を見たのです。あの弱々しかった主イエスの弟子たちが大胆に語る言葉とその内容が、集まって来た人々に分かる言葉であり、彼らは大変驚き、そのメッセージに心開かれました。驚くべき聖霊の御業です。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る