ホーム > あゆみ > 2017年6月25日 礼拝説教要旨 藤井圭子先生

あゆみ

2017年6月25日 礼拝説教要旨 藤井圭子先生

2017年6月25日

   『 道・真理・命 』   

藤井圭子 先生

ヨハネによる福音書 第14章1-7節

主題聖句:イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のみもとに行くことができない               

              ヨハネによる福音書 14章6節

私は14歳の時、一人の人の死を通して、「生と死」の問題を考えるようになり、その解決は仏教の中に見出せると思い、京都の尼僧道場を訪ねて尼僧となり、誠心誠意、勉学修行に励みました。しかし、私の求めたものは仏教の中には見出せず、大変な失意のうちに還俗し、元の小児科医に復帰し、やがて結婚しました。

 

そんな私の所にイエス様は来てくださいました。というのは、私の家のすぐ隣にキリスト教の教会堂が建てられ、その献堂式に私は招かれて出席しました。

 

それから3年後、神様は夫婦の愛情問題を通して、私自身の偽善の罪を気づかせてくださり、その悩みのどん底の時、隣の教会の献堂3周年記念の集会を開き、わたしを列ならせてくださいました。

 

私は講師の先生のお証しを聞きながら、「イエス様、私もあの先生のように、あなたを信じたい!助けてください!」と心の中で叫んでいました。イエス様はそんな私の叫びをお聞き下さり、その夜、私をご自身の尊い御救いにあずからせてくださいました。

 

若き日、尼僧となってまで探し求めていた「道、真理、命」は主イエス様ご自身でした。主の御名はほむべきかな!アーメン。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る