ホーム > あゆみ > 2017年7月2日 礼拝説教要旨

あゆみ

2017年7月2日 礼拝説教要旨

2017年7月2日

イエスは主、メシア

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章22-36節

 

主題聖句:しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです。                  

使徒言行録第224

              

主イエスが天に上られた後、弟子たち初め多くの人たちは、一か所に集まって約束の聖霊が降るのを祈り求めていたところ、五旬祭というユダヤの祭の日に、祈っていた彼らは聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉で神の偉大な御業を語り出したのです。

 

大きな物音に集まって来たエルサレムのユダヤ人が、弟子たちの大胆に語り伝える姿を見て大変驚いたり、嘲ったりしました。それで、弟子ペトロは声を張り上げて、自分たちがなぜこのように大胆に語るようになったのかその理由を語り出したのです。

 

今日の箇所では、エルサレムで起こった主イエスの十字架と復活の意味を説明し、聖霊の降臨との関係を説いています。まず主イエスが地上でなさった驚くべき奇跡、不思議をなさったことの意味を語ります。そのことによって主イエスが神から遣わされた方であることが現されたのです。次に、この主イエスがユダヤ人に捕らえられ、死刑に定められ、十字架につけられたのは、偶然の出来事ではなく、神の御定めになった計画によったのだと語ります。しかも、あなたがたがローマ総督や兵卒によってこの方を十字架につけて殺したのだと指摘します。しかし、神はイエスを死のままにされず、復活させられました。イエスが神からのメシアだからです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る