ホーム > あゆみ > 2012年1月22日 礼拝説教要旨

あゆみ

2012年1月22日 礼拝説教要旨

2012年1月22日

主題聖句 「…主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、

今では他の一切を損失と見ています」

フィリピの信徒への手紙第3章8節

説教主題「キリストに頼る」

 クリスマスの期間に途絶えていたフィリピの信徒への手紙の連続説教に戻ります。この手紙は「喜びの手紙」であると申しました。それと同時に「戦いの手紙」でもあるのです。パウロが伝え、フィリピの信徒たちが受け入れていた信仰とは異なっている、教会の信仰の根本を揺るがしかねない人々やものの考え方が入って来ました。この人たちの一番の問題点は「キリスト・イエスを誇りとせず、それ以外のものを頼りにする」ことです。

 パウロは生粋のイスラエル人、つまり、神の選びの民族の一員であること、さらには自分で努力した律法に対する忠実さを誇りに思っていました。イエス・キリストを信じる以外に何も持たないのであれば、キリストにすがりつくほかないでしょう。ところが豊かなものを持っていれば、かえって手放すことが難しく、持っているものを誇りたくなります。パウロに比べれば私たちは何も持たないと言えるでしょう。それでも手元に残っている何がしかの僅かなものを自分の〝寄るべ〟(頼りになるべき根拠)としたくなります。

 自分を支える価値の根本的な転換がパウロに、起こりました。それまで、誇りに思っていた生い立ちや律法への忠実さなどを損失とみなすようになったのです。価値を無理に代えようとしたのではありません。イエス・キリストを知る絶大な価値に気がついて、キリストの恵みに捉えられたのです。自分の誇りでなく、キリストを誇るようになったのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る