ホーム > あゆみ > 2017年9月17日 礼拝説教要旨

あゆみ

2017年9月17日 礼拝説教要旨

2017年9月18日

大いなる希望

三好 晴夫 牧師

コリントの信徒への手紙 二  第5章1-10節

 

主題聖句:わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています。人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。 

             コリントの信徒への手紙二 5章1節

 

 

 人は死んだら肉体は朽ちていきます。それで終わりなのでしょうか。そうではありません。上記の御言葉は、地上での肉体が滅びても、神によって頑丈な「建物」のようなからだが備えられるのだと約束しています。

 

そのからだとは、人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。霊のからだであり、新しい命のからだです。死んだあと、次の世界があると、使徒パウロは「わたしたちは知っている」と語っています。

 

その根拠は、主イエス・キリスト御自身が十字架で死なれたが、三日後、死人の中から復活され、救いを成し遂げられたからです。その御業のゆえに主イエスを信じる者に復活の命が与えられると約束されたからです。ですから、人が死んでも死で終わらず、永遠の命が与えられるのです。この約束は、大いなる希望です。

 

先に神のみもとに召された方々は、生きている間、苦しみや闘いがありました。しかし、この大いなる希望、すなわち、天にある永遠の住みかを頂くことを希望として過ごされ、今神のもとにあります。そして今、私たちも、苦しみや辛さを抱えています。けれども、私たちにも、この大いなる希望が与えられているのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る