ホーム > あゆみ > 2017年12月17日 礼拝説教要旨

あゆみ

2017年12月17日 礼拝説教要旨

2017年12月17日

主の道を整えよ

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第1章1-8節

主題聖句:荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。』」そのとおり、洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。

                   マルコによる福音書  第1章3、4節

 

  今日は教会の暦では待降節第三主日で、主題は、主の道を整えよです。すなわち、先駆者の声を聞いて、救い主をお迎えする備えをすることです。

 

まずマルコによる福音書1章3節にある旧約聖書の言葉に注目します。荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。』」の言葉は、イザヤ書40章3節の言葉です。これは預言者が、自分の国が滅ぼされて、バビロンの地で捕囚の民として絶望と悲しみの中にあったイスラエルの民に語った預言の言葉です。

 

当時彼らは荒れ野の状態でした。不安と絶望、怒りと憎しみで、闇が覆い、進むべき道がない状態でした。その彼らのもとに神様が帰って来られるのです。その道を整えなさい。道を開きなさい。心を開いて神様を迎えなさい。そのような日が来るという預言の言葉です。

 

この預言の言葉が、部分的には、彼らがバビロンから解放されて故郷イスラエルの地に帰ることができ実現しましたが、それだけで終わりませんでした。この預言から6百年後、洗礼者ヨハネにおいて実現したのです。ヨハネはイザヤの預言通り、荒野に現われ、救い主が間もなく来られるから、罪を赦して頂けるように悔い改めよと伝え、道備えをしたのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る