ホーム > あゆみ > 2018年1月14日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年1月14日 礼拝説教要旨

2018年1月14日

あなたはわたしの愛する子

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第1章9-11節

 

主題聖句:そのころ、イエスはガリラヤのナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。      

マルコによる福音書  第1章9節

 

私たちがキリストの教会の一員としての歩みは、主イエスを自分の救い主として信じることを公に表明する洗礼(バプテスマ)を受けるから始まります。どうして洗礼を受けるのでしょうか。それは、主イエスが公の生涯の始まりに、まず洗礼を受けられたからです。同じ洗礼を私たちも受けることで、私たちは主イエスの仲間であることが示されるのです。そこから主イエスを信じて教会の一員としての歩みが続いて行きます。

 

主イエスが受けられた洗礼について、今日の箇所から学んで行きます。

 

「そのころ」すなわち、洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させる悔い改めの洗礼を宣べ伝えたときです。そのメッセージを伝え聞いたイエスは、故郷ガリラヤのナザレから出て来て、ヨハネのもとに近づいたのです。ヨハネから、罪を告白し、悔い改める人々に加わって、イエスも洗礼を受けられたのです。イエスは神の御子、罪を知らない方です。なのにどうして洗礼を受けられたのでしょうか。それは、罪を知らないイエスが、罪で苦しむ人間の罪をご自分の罪として受け止め、その罪を背負われるためです。これからご自身が罪を持つ人間を救う救い主として進まれることの決意で洗礼を受けられたのです。

 

イエスが洗礼を受けられた時、天の父から喜びの声がありました。この喜びの声は、イエスを信じる私たちに対してもかけられているみ声です。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る