ホーム > あゆみ > 2018年6月10日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年6月10日 礼拝説教要旨

2018年6月11日

 家族の祝福

三好 晴夫 牧師

エフェソの信徒への手紙 第6章1-4節

 

 

主題聖句:父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい。     

 エフェソの信徒への手紙 第6章4節

               

6月第二主日は「子どもの日」です。教会に集まる子どもたち、この社会に育つ子どもたちのために祈る日です。この機会に、子どもたちの健やかな成長のためにどうすべきかを考えたいと思います。

 

子供と言っても、赤ちゃんや幼児、自我が目覚めてどんどん行動する時期の子供たちもいます。子供たちがその個性に従って心身ともに成長し、神と人から愛されていることを覚える子供となってほしい、さらには親子で共に神を畏れ敬い、礼拝するようにと願っています。しかし、子供たちがそのように成長していくのは簡単なことではありません。大変難しいことです。大変難しい理由は、色々あることでしょう。その理由の一つに、子供が親を敬い信頼し、親も子供を信じて育てていく、それが難しくなっていることがあるのではないかと思うのです。

 

今日のみ言葉は、親に向かって「父親たち」と呼びかけています。母親だけでなく、父親が子供の育児、教育に責任を感じて関わるようにとの勧めです。「子供を怒らせるな」子供を感情的に刺激して怒りの感情に走らせるな。頭ごなしに叱るのではなく子供の心を十分に配慮せよ。親が子供を育てていく中で、主キリストご自身がどのように子供を愛され、育てられるかを感じ取って育てるようというのです。主イエスは子供を迎え入れて抱き上げて手を置いて祝福されました。私たち親も子も共に主イエスにより育てて頂いていることを覚えて祈り続けましょう。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る