ホーム > あゆみ > 2018年8月26日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年8月26日 礼拝説教要旨

2018年8月26日

 サウロの回心

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第9章1-9節

 

 

主題聖句:「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害するイエスである。   

使徒言行録 第9章5節

 

私たちはしばしば自分の知識で正しいと思い行動していることが、後で、それが見当違いであったり、正反対であったりすることに気づかされて、はっとさせられることがあります。

 

サウロは、ユダヤ人としての厳しい高度な教育を受け、律法を堅く守って生活していると自負していました。彼の考えでは、イエスは偽メシアであり、神を冒涜している者であり、このイエスを信じる者も神を冒涜しているから、彼らを排除することが神の御心に適う事だと確信していました。その思いで、キリスト者たちを憎み、ダマスコに入るキリスト者たちを捕えるために向かっていたのです。そんなとき、突然、天からの光が彼らの周りを照らしました。サウロを呼ぶ声がしました。思わず問いかけると、「わたしはあなたが迫害しているイエスである」との答えがありました。その声の主は、あの十字架にて処刑されて復活されて今天の父なる神の右に座しておられるイエスでした。復活されたイエスがサウロに出会ってくださっているのです。

 

この出来事はサウロには大きな衝撃でした。天からの声を聞いて、イエスこそがまことのメシアであられ、自分が迫害していたキリスト者たちはまことのメシアと信じていたのだから正しいことになります。そうであれば、自分はまことのメシアであるイエスを迫害していたことになります。そう知らされたサウロは心打ち砕かれたのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る