ホーム > あゆみ > 2018年9月2日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年9月2日 礼拝説教要旨

2018年9月2日

  主によって備えられた出会い

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第9章10-19a 説

 

主題聖句:すると、主は言われた。「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。                            使徒言行録 第9章15節

 

人の思いを超えた方法で、神は人に近づかれ、悔い改めに導き、赦しと救いを与えられることがあります。まさにキリスト教を迫害していたサウロに対しては、そうでした。主は彼に近づかれ、ご自身を示され、救いに導かれたのです。

 

サウロが救われるために、神はご自身だけでなさろうとされず、人が用いられたのです。主によって備えられた出会いがありました。その出会いは、初めはできれば避けたいと思えるようなものでした。

 

ダマスコに住むアナニアという主の弟子にとっては、サウロは出会いたい人ではありませんでした。関わりたくなかった人でした。なぜなら、サウロは恐ろしいキリスト教迫害者であったからです。そのような人の所には行きたくなかったのです。ですから抵抗しました。

 

しかし主は「行け」と言われました。この人は、わたしの名を伝えるために、わたしの選んだ器だと。過去はどうであれ、その人をわたしが選んだのだ。

 

そう聞いたアナニアは、主がこの人を選ばれ、彼に務めを託され、彼を神の教会に加えられたのだと受け止めたからこそ、彼に「兄弟サウロ」と呼びました。それが神のご計画だと認めたからです。そうして彼の上に手を置き、洗礼を授け、彼は主の教会に加えられたのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る