ホーム > あゆみ > 2018年9月9日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年9月9日 礼拝説教要旨

2018年9月9日

 キリストを証しするパウロ

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第9章19b-31節

 

主題聖句:サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちと一緒にいて、すぐあちこちの会堂で、「この人こそ神の子である」と、イエスのことを宣べ 伝えた。                   使徒言行録 第9章19、20節

 

キリスト教の迫害者サウロが、ダマスコの教会の迫害に向かう途中、天からの光に照らされ、復活されたイエス・キリストの声を聞き、その出会いによってイエスが真のメシア(救い主)と知らされ、悔い改めてイエス・キリストの名による洗礼を受けました。

 

そうして健康が回復したあと、アナニアに導かれてでしょう、ダマスコの弟子たち(キリスト者たち)と一緒にいたのです。交流が始まったのです。それから、すぐ何とダマスコにあるユダヤ人の会堂に行って、イエスこそ神の子ですと、イエスを伝え始めたというのです。驚くべきことです。彼がそのようにしたのはなぜでしょうか。ひとつは、自分が救われたことがうれしくて、その喜びと感謝を抑えられなかったからです。嬉しい時、自然と喜びがあふれるように。

そしてサウロの場合、今までイエスの名を呼ぶ者に反対

して殺害しようとするほどの熱烈な迫害者でした。そんな彼が、今やキリストに捕えられて、イエスをキリストと信じるようになり、神の御前でも、人々の前でも、自分の変えられたことを言葉と行動ではっきりと証ししなければならないと思ったからです。それは、イエスによって救われたという喜びがあるからです。私たちにとってもイエスを知って救われたことはうれしいことです。そのことを証ししたいものです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る