ホーム > あゆみ > 2018年9月16日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年9月16日 礼拝説教要旨

2018年9月16日

 復活の希望

三好 晴夫 牧師

コリントの信徒への手紙一 第15章50-58節

 

主題聖句:最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。            

コリントの信徒への手紙一 第15章52節

 

先に神様のみもとに逝った愛する家族の写真を見て生前の姿を思い出したり、一緒に過ごした時に語ってくれた言葉を思い出したりしてすることがあります。こちらで出来ることは限られています。それ以上に、覚えたいことは、その方が神様を信じて逝った人ならばなおのこと、神様がその人を愛され救ってくださり、キリストの復活のゆえにその人をも終わりの日に復活させてくださるという約束を覚えることです。それは、大きな希望を与えてくれるものです。

 

その希望は、終わりの日に、キリストが再びおいでになる時、そのとき、神の恵みによって神のみもとで眠っていた人(キリストを信じて死んでいた人)を復活させて、新しい朽ちることのない命と体を与えてくださるというものです。なぜかというと、神様は十字架で罪人の罪を負って死んだイエス・キリストを復活させて新しい命と体を与えられたという事実のゆえに、キリストを信じる者をも復活させて新しい命と体を与えて下さるからです。

 

この復活の希望を持っているならば、この世での豊かさや名誉がある無しに関係なく、神様が備えられる神の国を受け継ぐことができるとの希望を持つことができるのです。この復活の希望に生きる時、キリストを信じて味わうどんな苦労も、主が覚えてくださるから希望がある。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る