ホーム > あゆみ > 2018年11月18日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年11月18日 礼拝説教要旨

2018年11月18日

 アンティオキア教会の誕生

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第11章19-30節

主題聖句:主がこの人々を助けられたので、信じて主に立ち帰った者の数は多かった。                      

  使徒言行録 第11章21節

    

 迫害が起こって、主イエスを救い主を信じるユダヤ人キリスト者たちはエルサレムを出て各地に散らされて行き、そうして住み着いた町々で主イエスを伝えていましたが、その時は伝える相手は同じユダヤ人でした。ユダヤ人だけと交わるべきという固定観念があったからでした。

 

ところが、キプロス島やキレネに住んでいた、ユダヤ人キリスト者たちは、北部のシリアのアンティオキアに移り住んで行き、そこでも福音を伝えたのでした。アンティオキアとは、シリアの大都市で、色んな国から人々が集まってきていて、シリア人、ギリシャ人、さらにユダヤ人も多くいました。その町に住み始めたキプロス島やキレネから来た、ギリシャ語を話すユダヤ人キリスト者たちは、古い伝統に固執しないで、同じ町に住むユダヤ人だけでなく、ギリシャ語を話すギリシャ人たちにも語りかけたのでした。その内に、その人達に主イエスについて福音を語り始めたところ、彼らは反応を示したというのです。天地万物の神の存在を知らない、聖書のことも知らない彼らに、丁寧に神様の愛、神の御子イエス・キリストによる救いの御業を語ったところ、多くの人々が主イエスを信じたのです。それは、主が、彼らと共にあって、彼らを助けられたからでした。彼らはただ福音を伝えただけでしたが、主が彼らを導いて人々の心に福音を届けて驚くべきことをされました。主の支えを信じて主イエスを伝える時、主は助けてくださるのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る