ホーム > あゆみ > 2018年12月16日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年12月16日 礼拝説教要旨

2018年12月16日

 お言葉どおり成りますように

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第1章26-38節

 

 

主題聖句:マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」  

ルカによる福音書 第1章38節

   

 この言葉は、神様の申し出に対する、マリアの献身の表明です。

 

神様からどんな申し出があったというと、神の恵みによってマリアのお腹に男の子が身ごもる。その子はいと高き子である。ダビデの王座が与えられ、永遠にヤコブの家を治める。すなわち、マリアから生まれるその子は人々を救う救い主となるという申し出でした。

 

しかし、この神様のご計画をマリアは理解できませんでした。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」と答えたのでした。その時天使は、聖霊がマリアに降り、いと高き方の力がマリアを覆い包むゆえに、そのことが起こるのだと答えました。すなわち、神のご計画が成し遂げられるために、神は全能の力を持って成し遂げられるというのです。その上で、マリアの親戚のエリサべドが高齢にも関わらず男の子を身ごもり、不妊の女と言われていたのにもう6ヶ月になっている。それは、神の全能の御業だというのです。

 

こう言われて、マリアは、自分は小さな者、神様に仕える者であると認めて、神様が救いのご計画を全能の力によって成し遂げて行かれることを信じ、神様に自分の身を任せ、自分をささげる決心をしたのです。このマリアの献身の姿は、私たちの信仰の模範です。私たちの上にも神様の御計画があり、聖霊によって、私たちの中でも神様は御業を成し遂げようとしておられます。信仰をもって従うものとされましょう。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る