ホーム > あゆみ > 2018年12月30日 礼拝説教要旨

あゆみ

2018年12月30日 礼拝説教要旨

2018年12月30日

 救い主を求めて

三好 晴夫 牧師

マタイによる福音書 第2章1-12節

 

 

主題聖句:「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」          

 マタイによる福音書 第2章2節

        

 ユダヤ人の王の誕生の知らせは、東方の占星術の学者にも伝わり、彼らがユダヤ人の王を拝もうと旅立ったところ、神の導きによって幼子イエスにお会いすることができたことを覚えたいと思います。

 

彼らが星の動きを調べているとき、特別に輝く星を見つけ、何を示しているのかを調べたところ、この星はユダヤで新しい王が誕生したことを示すものと確信したというのです。それは、ペルシャ地方に住んでいたユダヤ人たちが、先祖から自分たちを救うために新しい王がお生れるになるという預言を聞いていて待ち望んでいたことに、彼らも関心を持っていたからだと思われます。その星の動きとその預言から、ユダヤ人の新しい王の誕生を知らせる星だと確信した彼らは、この王はユダヤ人だけでなく、世界を治める王にちがいないと信じ、このお方を見たい、拝みたいと強く思っていざエルサレムへと行動を起こしたのです。

 

しかし、彼らが、エルサレムで「お生まれになった王はどこにおられますか」と尋ねたところ、ヘロデ王も人々も不安を抱きました。手がかりは預言書でした。その言葉の示す所に従って彼らが出かけて行った時、幼子イエスに会うことができました。新しい王に会いたいという願いを神は祝福してくださったのです。求める者を神は導かれるのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る