ホーム > あゆみ > 2019年1月27日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年1月27日 礼拝説教要旨

2019年1月30日

心からの献げもの

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第21章1-9節

主題聖句:言われた。「確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。

ルカによる福音書 第21章3節

 私たちが日曜日の朝、教会に集い、礼拝をささげていますが、その基本は、神様からの大きな恵みを覚えて、私たちの全生活を神様にささげることです。ローマ12章1節をご覧ください。
主イエスの地上を歩まれた時代の礼拝は、エルサレムの神殿で祭司によって動物のいけにえをささげて感謝を表し、罪の赦しを願うものでした。神殿礼拝は形式的になっていて、問題点も多かったので、その神殿も神殿での礼拝もいつか終わる時が来ることを主イエスははっきりと語られました。そういう中で、すばらしい目を見張るような礼拝をする人に主イエスは目を留められました。それが今日の箇所のある貧しいやもめの献金の姿です。
主イエスは、金持ちたちが神殿の賽銭箱に献金を入れる様子を見ておられました。その列の中に、あるやもめがレプトン銅貨2枚を入れたのです。その金額は金持ちの献金に比べるならわずかなものでした。しかし、主イエスはそれをご覧になって、「この貧しいやもめは誰よりもたくさん入れた」と言われたのです。それは、このやもめが乏しい中から持っている生活費すべてささげたからです。彼女は自分のための何かを残さず、神様が自分を必ず守ってくださると信じて自分の生活すべてを神様にささげたのです。この姿勢は私たちにインパクトを与えます。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る