ホーム > あゆみ > 2019年2月3日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年2月3日 礼拝説教要旨

2019年2月3日

 新しいぶどう酒は新しい革袋に

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第5章33-39節

 

 

主題聖句:新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れねばならない。     

ルカによる福音書 第5章38節

        

 

 周囲の人たちから見れば、キリスト者の信仰生活には、祈りが足りない、慎み深さがないと思われているところがあるのかもしれません。

 

主イエスが、罪人と言われている人たちを招いて弟子とされ、彼らと一緒に食事をしているときに、ユダヤ教の指導者たちから厳しい苦言がありました。あなたがたは断食や祈りをしない、食べたりばかりだと。

 

主イエスはその非難に対して、花婿が一緒にいる婚礼の客はその時にはその祝いのゆえに断食をしない。そのように花婿であるイエスと一緒にいる弟子たちはその喜びゆえに断食をしない。でも、花婿が奪い去られると悲しみのあまり断食することになる。

 

そう答えられたあと、さらにたとえを持って「だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば新しいぶどう酒は革袋を破って流れ出し、革袋もだめになる」と語られました。

 

このたとえの古い革袋は古いユダヤ教の生活、新しいぶどう酒は主イエスの新しい教え、新しい命の喜びであり、新しい革袋は主イエスの教えに基づく生活を示しています。もし人がユダヤ教の古い伝統の生活に固執しその中に主イエスの教えを入れると、入れ物も中身も両方が駄目になる。新しいぶどう酒である主イエスの福音の喜びは命があふれているので、主イエスをそのまま信じて受け入れるべきなのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る