ホーム > あゆみ > 2019年2月10日 礼拝背説教要旨

あゆみ

2019年2月10日 礼拝背説教要旨

2019年2月10日

 安息日の主

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第6章1-11節

 

主題聖句:そして、彼らに言われた。「人の子は安息日の主である。」。     

ルカによる福音書 第6章5節

        

 今日キリスト教会は、日曜日を安息日として、仕事を離れて教会に集い礼拝をささげています。それは、日曜日の朝、主イエスが死人の中からよみがえられたからです。

 

しかし、安息日は元々旧約聖書の時代に神がイスラエルの民に守るように定められたもので、土曜日でした。その戒めは、六日の間働いて、七日目は主の安息日であるからいかなる仕事もしてはならないというものでした。それゆえ、イスラエルの民はそれを守り続けていました。しかも、きちんとした形で守ろうとするあまり、更に細かな規定を加えて行きました。そのために、色んな問題が起きていました。

 

その一つが、今日の聖書箇所にあることです。ある安息日に主イエスと弟子たちが麦畑を歩いているとき、弟子たちが麦畑の穂を摘んで手でもみ出して食べたのです。それを見たユダヤ宗教指導者は問題にしたのです。彼らの言い分は、麦の穂を摘み、それをもみ出すことは労働であるのに、あなたたちは安息日に仕事をしている、けしからんと主イエスに向けて非難したのです。その訴えに対して、主イエスは答えられました。旧約のダビデは王ということで特別に律法を超えて特別のパンを食べることが許された。そのように人の子イエスは弟子たちに安息日に麦の穂を摘むことを許したのだ。人の子は安息の主であると宣言された。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る