ホーム > あゆみ > 2019年2月24日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年2月24日 礼拝説教要旨

2019年2月24日

 いやすキリスト

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第5章12-26節

 

    主題聖句: イエスが手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」

と言われると、たちまち重い皮膚病は去った。

ルカによる福音書 第5章13節

        

 

 私たちが病気にかかることがあります。自分だけでなく、愛する家族がそうなる場合もあります。そんなとき、休むことが大切です。適切な医師の診断と治療を受けて回復することがあります。そういう時こそ、私たちの心も身体も、創造主なる神によって造られ、支えられていることを覚えたい。神は私たちのことを心配され、守っておられます。その神にこの自分を癒やし回復して頂けるように祈ることができることは幸いです。神の憐れみのみ手が働く時、回復されます。憐れみ深い神は私たちの祈りを聞いて癒してくださいます。

 

今日の聖書箇所の、重い皮膚病を患っていた人は、その病気のゆえの苦しみや辛さを持っていたでしょう。さらに、病気による汚れもあり、人から離れて宿営の外で生活しなければなりませんでした。自分が汚れていると言って、人々を近づけないようにする規定に従わなければなりませんでした。でも、この人はその規定を破って主イエスに近づき清めを求めたのです。ひれ伏して主よ、お心ならば、わたしを清くすることができますとお願いしたのです。その切実な願いに、主イエスは進んで彼に手を差し伸べ、触れ、「わたしの心だ清くなれ」と宣言されその病が癒やされたのです。主イエスがお心をとめられる時、癒されるのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る