ホーム > あゆみ > 2019年3月3日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年3月3日 礼拝説教要旨

2019年3月3日

 五つのパンと二匹の魚

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第9章1-12節

 

主題聖句:      すると、イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで、それらのために賛美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡しては群衆に配らせた。            

ルカによる福音書 第9章16節

        

福音書には、主イエスのなさった驚くべき御業が数多く記されていますが、その中でこの五千人の給食の奇跡は、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4つの福音書に記されています。それほどに、弟子たちにとって忘れがたい記憶に残る出来事であったのでしょう。

 

始まりは、弟子たちが伝道旅行から帰って来たので、主イエスは彼らを連れて静かな場所に退かれ、それを知った群衆が後を追ってきたことからです。その時、主イエスはこの人々を親しく歓迎し、教え、治療の必要な人々を癒やされました。そうするうちに日が傾きかけたので、弟子たちはそばに来て、群衆を解散させ、各自で宿を取り、食べ物を見つけるように主イエスに進言しました。ところが、主イエスは弟子たちに「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と言われたのです。弟子たちは自分たちにはパン五つと魚二匹しかないと告げました。これではとても多くの人々には足りないと思ったからでした。

 

すると、主イエスは弟子たちに、人々が50人ずつ組みにして座らせるように指示され、その上で五つのパンと二匹の魚を取って天を仰いでそれらのために讃美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡し、群衆に配らせました。すべての人々は食べて満腹したのです。このことは主イエスこそ人々の命を養われる救い主であることを示しています。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る