ホーム > あゆみ > 2019年4月7日 礼拝説教要旨

あゆみ

2019年4月7日 礼拝説教要旨

2019年4月7日

 ぶどう園の主人と農夫

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第20章9-19節

 

 主題聖句:イエスは民衆にこのたとえを話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、これを農夫たちに貸して長い旅に出た。 

          ルカによる福音書 第20章1節

        

主イエスがエルサレムに入られ、十字架に付けられる三日前、神殿の境内で民衆に教えておられました。この時、たとえを話されたのですが、このたとえ話は、これまでのものとは違い、お話の登場人物や道具立ての一つ一つが、誰かをなぞらえている、何かをたとえているという、寓意的なたとえ話でした。ですから、聞いているユダヤ教の指導者たちはこの話は自分たちに当て付けて話していると気づいたのです(19節)。

 

このたとえ話は、ある人がぶどう園を造り、これを農夫たちに貸して長い旅に出たことから始まります。この意味は、「ぶどう園の主人」であるところの神は、「ぶどう園」であるところの神の造られた園、イスラエルを、「農夫」であるところのイスラエルの指導者たちに託して任されたということです。そして収穫の時になったので、主人である神は僕であるところの預言者たちを遣わして、イスラエルの人たちに神に立ち返るように伝えたのですが、農夫たちであるところの指導者たちは預言者たちを何度も袋叩きにして追い返しました。けれども、ぶどう園の主人である神は農夫である指導者たちの反発を受けてもあきらめないで「わたしの愛する息子を送ってみよう。この子ならたぶん敬ってくれるだろう」となおも彼らに期待して息子であるところの神の御子イエス・キリストを送ったのです。それは立ち返ることを信じる神の愛です。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る