ホーム > あゆみ > 2019年6月23日 30日礼拝説教のために

あゆみ

2019年6月23日 30日礼拝説教のために

2019年6月23日

  アンティオキアの教会

三好 晴夫 牧師   

 来週6月30日、使徒言行録13章に入り、アンティオキア教会の中から二人が選ばれ世界各地に宣教に向かうことを学びます。その前に、この教会がどのようにして誕生したのかを、使徒11章19節以下から学びたい。

教会の始まりは、弟子たちに聖霊が降って、聖霊に満たされた彼らが、聖霊が語らせるままに大胆に神のみ業を語ったとき、それを聞いた人々がイエスを信じるようになったことによるものでした。最初の頃は弟子たちを中心に、同じユダヤ人にだけ福音を伝えていました。その後、ステファノの殉教をきっかけに、キリスト者に対するユダヤ教徒から大迫害が起こり散らされたキリスト者たちは、行く先々で主イエスの福音を伝えました。その中で、キプロス島やキレネで信仰を得たキリスト者たちは、アンティオキアに移住してから、ギリシャ人にも福音を伝えたのです。

当時アンティオキアは、様々な国の人々が住む国際都市であったからでしょう、この都市のギリシャ人たちは、彼らの伝える福音を受け入れました。「主はこの人々を助けられたので信じて主に立ち帰った者の数は多かった」(21節)。ここにユダヤ人キリスト者とギリシャ人キリスト者の両者を構成メンバーとする混合教会が誕生したのです。

このことを知ったエルサレム教会は、アンティオキア教会の様子を調査するため、バルナバを送りました。彼はここに神の恵みが与えられている有様を喜び、主にとどまるように励ましました。それから、彼はもう一人の指導者の必要を感じ、サウロ(後のパウロ)を呼び寄せ、一緒に教会で教えたので、皆しっかりとキリストを信じる者となったのです。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る